スポーツ傷害

スポーツでの怪我について

スポーツ時に起こる怪我は野球肘、テニス肘、シンスプリントなど、筋肉、骨、腱などに繰り返し負荷が加わることで発生する痛み(スポーツ障害)によるものや、捻挫、打撲、肉離れ、骨折、脱臼など、瞬間的に強い力が加わることによって発生するものがあります。
怪我や障害などを治療することはもちろん大切ですが、治療後の再発を防止するために「ストレッチ」「筋力トレーニング」「体幹トレーニング」などで体のバランスを整え、正しい体の使い方を再教育することで「怪我をしにくい体」を作ることが、スポーツをする上では重要になります。また、小・中学生などまだ体が発育途上にある世代は長く競技を続けていくため特に「オーバーユース(使い過ぎ)」による怪我・障害の発生を予防することが重要です。

テニス肘

テニスのストローク動作を繰り返すことで、肘の外側の筋肉、筋膜などに炎症が起こる障害です。テニスのストローク動作以外にも、日常生活で手首や前腕を繰り返し捻ったり、物をつまみ上げるような動作をすることで起こることがあります。

野球肘

投球動作を繰り返すことで肘の内側の筋肉、骨膜や軟骨部分に炎症が起こる障害です。「オーバーユース(使い過ぎ)」による代表的なスポーツ障害です。

シンスプリント

ランニング、ジャンプ、ターン、ストップなどの繰り返した動作で、ふくらはぎ後面内側の筋肉の牽引によって骨膜損傷や炎症を起こしたものです。サッカーや陸上など、走る動作の多い競技に多くみられる障害です。

オスグッドシュラッター病

太腿前側の筋肉の牽引力による負荷がすねの骨の上部(脛骨粗面)に繰り返してかかり、そこで炎症が起こる傷害です。小学生から中学生のサッカーや陸上などの選手に多くみられます。

ジャンパー膝

ジャンプなどの跳躍行動を繰り返すことで、膝蓋骨(膝のお皿)周辺に炎症が起こる障害です。バレーボール、バスケットボールの選手などによくみられます。

肉離れ

瞬間的に筋肉が収縮・伸長されることで、筋膜や筋肉繊維の一部が切れてしまったものです。短距離走やサッカーなどで走っている時に起こしやすく、大腿部後ろのハムストリングス(太ももの裏の筋肉)、大腿部前面の大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)、腓腹筋(ふくらはぎ)、大腿部内側の内転筋(太ももの内側の筋肉)に多く発生します。肉離れの発生要因は筋疲労、先行する筋損傷の存在、適正なウォーミングアップの欠如、筋の柔軟性低下、左右のハムストリングス筋力のアンバランス、ハムストリングスと大腿四頭筋の筋力のアンバランスなど様々です。また、適切な処置・治療を行わなければ何度も再発することがあります。軽めのストレッチ、アイシング、テーピングや包帯での固定などで治療を行います。

捻挫

手首や足首などに外部から瞬間的に強い力が加わり関節、靭帯、腱、軟骨などが傷つく怪我のことです。足首をちょっと捻っただけだから大したことはない・・・と考えて放っておいてはいけません。いつまでも痛みが残るから検査してみると実は骨折していた・・・なんてことや、「正座がしにくい、正座をすると痛みがある」「何度も同じところを捻挫してしまう」「足首の不安定感」などの症状が残り、日常生活に影響が出てしまうこともあります。必要に応じて包帯固定、電気治療、アイシング、テーピングなどで治療を行います。

打撲

デッドボールやタックルなどの衝突により、体が強く打ちつけられることで皮下組織や筋肉が傷つく怪我のことです。アイシングや包帯で圧迫固定などの処置を行います。適切な処置をしなければしこりのようなもの(血腫)が残り、痛みが長引くこともあります。

骨折

転倒した時などに外部から瞬間的に強い力が加わり、骨組織の連続性が完全に、あるいは部分的に離断されたものです。一般的に「ひび」と言われるものも骨折です。患部をギプスやシーネで固定し、安静状態を保ちます。当院では骨折の癒合を早めるため微弱電流治療、超音波水治療機などでの治療も併せて行います。

脱臼

関節を構成する骨が、正常な位置から外れてしまった状態のことを言います。特に大人になってからの脱臼は、何度も繰り返す脱臼へと移行しやすい怪我ですので、早めに適切な治療を受けるようにしましょう。

怪我を再発させないために

当院ではスポーツ傷害による怪我・症状を出来るだけ早く改善させるために、施術に加えて「微弱電流治療」や「テーピング」「アイシング」「ストレッチ」「運動指導」などを必要に応じて行っています。怪我・症状をしっかりと治すことも大切ですが、それに加えて「怪我をしにくい体」を作ることで、治った後の再発を防止することが重要です。例えば、走って膝が痛くなってしまったとします。でも同じクラブ、同じ練習量の他の子は痛くならないのに、なぜ自分は痛くなるのか?そういった原因を探って改善することが、怪我をしない身体作りや治療を進めていく上でも重要なポイントになってきます。
当院では「筋力トレーニング」「体幹トレーニング」など、体の連動性を高める運動や体の使い方をご指導することで再発防止をはかります。姿勢や走り方、歩き方に問題があると全身に影響を及ぼす可能性がありますので、それを正すことで「怪我をしにくい体」を実現します。
また「もっと上手くなりたい」「レギュラーになりたい」など本人の熱意と、それを応援する保護者の方の後押しなどにより、特に小・中学生の世代の間で「オーバーユース(使い過ぎ)」や、「間違った体の使い方」、姿勢不良に伴う怪我・障害が頻繁に発生しています。お子様本人はもちろん、保護者の方にも「オーバーユース」による弊害や「体の使い方」などをご説明し、怪我・障害の発生防止に努めております。
個人やチームでのトレーニング方法や、その他スポーツ障害でお悩みの方はご相談下さい。

微弱電流治療(マイクロカレントセラピー)

怪我などで痛んだ細胞は、電気抵抗を増やして周りの正常な組織よりも高い電気抵抗をもつようになります。これによって細胞の治癒過程を妨害して最終的に炎症が起こります。そしてその痛んだ細胞では栄養・水・ミネラルが減少し、毒素の除去ができにくい状態になっています。痛んだ細胞の周囲の正常な細胞は、痛んだ細胞が正常な電位に戻るように働きかけます。微弱電流治療は、患部周辺や痛みのあるところ、関連部分に通電する事でこの治癒過程の生化学的・電気的反応を始動させる触媒の役割をします。これによって体内で蛋白質の合成を促進、組織の修復を早めて骨折の早期癒合、細胞内のミトコンドリアの機能を高めてプロスタグランジン、ヒスタミン、サブスタンスPのような発痛物質の分散を引き起こして、痛みを緩和し炎症の早期改善を促します。また局所への通電以外にも、クリップ電極を使って全身に通電することで身体のコンディションを整える効果も得ることもできます。最近では日本代表にも選ばれるプロ野球選手やJリーガーなど、日本のトップアスリートにもこの治療を取り入れる選手が増えてきています。
微弱電流治療機での通電は、よくある低周波治療器などとは違ってほとんど何も感じることはありませんので、電気治療が苦手という方でも安心して治療を受けて頂けます。

効果(海外の研究発表から) ・痛みの軽減
・組織の修復
  創傷の治癒促進
  軟部組織や皮膚潰瘍の治癒促進
  損傷した神経組織の早期回復
  骨癒合の促進
  軟骨修復の促進
  組織中のATP濃度とタンパク合成の増加
・浮腫の軽減
・治療やリハビリ期間の減少

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付