背中・腰の症状

背中・腰の症状


腰 痛

腰痛

 腰痛にはぎっくり腰のような急性腰痛や、何ヶ月も続くような慢性的な腰痛があり、それらはさまざまな原因、病態があり、治療方法も異なります。その腰痛の85%が"原因不明"の非特異性腰痛というもので、「画像所見で異常が見られない腰痛」と定義されているものです。
 急性腰痛は骨折や感染などの重大な疾患でない限り、適切な処置をして治療すればほとんどが完治できます。しかし慢性腰痛の人は、ほとんどの場合がぎっくり腰などの急性腰痛を適切な処置をしないで放っておいてしまったり、間違った対処をされています。慢性的な腰痛の原因は「腰痛に対する間違った考え方、思い込み」「動くこと、痛みへの恐怖、ストレスなどの心理的影響」「間違った身体の使い方」「筋力低下」「日常生活」「薬への依存」「睡眠不足」「関節の可動域制限」「呼吸や腹圧」「体幹部の不安定性」など、様々な要因があります。このような多岐にわたる様々な要因から、マッサージなどのリラクゼーションだけで改善することはありません。


 先に書いたように、腰痛の85%は画像では診断できません。ヘルニアの人と比較するため、腰痛がない健康な人を対象に画像所見(MRI)を撮ったところ、76%の人に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が見つかったという研究結果があります。別の研究結果では30代の人でも52%の人に椎間板の変性が見られたというものもあります。つまり、健康な人でもMRIを取れば何らかの異常が見つかるもので、「腰痛=画像所見での異常」とはならないということです。画像所見は重篤な腰痛や問題を除外するために必要であり、その腰痛が内臓由来や血管からきている場合には画像所見が重要になります。また、レントゲンで骨がずれているからだとか、骨と骨の間が狭くなっているから腰が痛いというわけではなく、そのような原因で起こっている可能性はほとんどありません。つまり、単なる腰痛の場合は骨がずれているから、骨と骨の間が狭くなっているから、という理由で手術をする必要は全くありません。単なる腰痛の場合は、手術をする必要はほぼないというのが近年の腰痛治療の世界的な流れです。


 腰痛は動ける範囲でできるだけ動くことが大事で、一日中横になって休んだりしてはいけません。それで腰痛が良くなることは決してありません。昔は安静にするということが当たり前でしたが、ぎっくり腰などでも動けるようになってきたら、なるべく動いて日常生活を維持することが慢性化を防ぐために必要だということがわかっています。

※腰痛レッドフラッグ(精密検査を要する所見)
・馬尾症候群の兆候(尿閉、便失禁、サドル麻痺など)
・夜間や横になった時の進行性の激しい痛み
・重大な外傷
・体重減少
・がん病歴
・発熱
・静脈注射やステロイド剤の使用
・50歳以上
これらにあてはまる場合には、重篤な疾患の存在が疑われます。

ぎっくり腰

ぎっくり腰

 ぎっくり腰はドイツ語でHexenschuss(魔女の一撃)とも言われ、寝ている状態から急に起き上がる、重たい物を持ち上げるなどの動作を行った時にのみ起こるのではなく、前屈みになった時やくしゃみをした時など、些細な動作がきっかけとなって筋肉や筋膜、靱帯などの軟部組織が損傷して起こります。
 原因は様々で日頃の「運動不足」「姿勢不良」「筋肉の過緊張」「筋力低下」「体の連動不全」「呼吸不全」などが要因となって引き起こします。ぎっくり腰はなってしまった時に何もしなかったり、間違った対処をしてしまうと痛みが慢性化することがあります。また、何度も繰り返すぎっくり腰は、腰回りの筋力低下、腰や股関節、骨盤の可動域の制限、体の間違った使い方、体幹部の不安定性などが原因となっていることが多く、普段から体の動きを意識して運動することや、ストレッチなどで筋肉の緊張をやわらげることが予防になります。
 ぎっくり腰でも痛みの慢性化を避けるため動ける範囲でできるだけ動いて、日常生活を維持することが慢性化を防ぐために大切です。


坐骨神経痛

坐骨神経痛

 坐骨神経は腰仙骨神経叢の主要神経で、人体の中で最も幅が広く長い神経です。腰椎4番~仙椎3番から始まり、梨状筋下孔を通って骨盤の外へ出ます。骨盤から外に出た坐骨神経は殿部~大腿後面を下行し、膝の辺りで脛骨神経・総腓骨神経に分かれます。この坐骨神経がなんらかの刺激を受けて臀部~足部まで痛みを発するものです。また、坐骨神経痛は症状であって疾患ではありません。

梨状筋症候群

梨状筋症候群

 殿部にある梨状筋は股関節の外旋・外転・伸展の作用があり、股関節の安定化の補助をします。この梨状筋が骨盤の可動域制限など、なんらかの要因で過緊張を起こして坐骨神経を絞扼し、坐骨神経痛と同じような症状を呈するものです。

広背筋症候群

広背筋症候群

 広背筋は第7~12胸椎、第1~5腰椎、仙椎、腸骨稜から始まり、肩甲骨下角を通って上腕骨の結節間溝に付着する筋肉です。その作用は上腕の内転、内旋、後方挙上のほか、呼気(息を吐く動作)にも関与しています。投球動作などでは腰と上肢を結ぶ筋として、骨盤や腰の捻りのエネルギーを伝える重要な働きをしています。この広背筋に痛みや攣縮が生じて肩甲骨の外転、肩関節の外転・外旋運動が制限されているものです。広背筋症候群が起因となって、投球動作などで肩関節周辺の障害を引き起こす事があります。