施術について

施術コンセプト

「身体の環境」を整える

腰や膝、首などの痛みを改善させるにあたって大切なことは、メンタル面も含めた治すための「身体の環境」を整えることです。当院では背骨・骨盤を中心に不良姿勢や骨盤の歪みなどを正し、痛みの元となる負荷の軽減や関節の可動域を改善することによって早期改善をはかります。また、その状態を維持するために必要な体幹や筋肉のトレーニング、ストレッチ、体の使い方をご指導することで理想的な全身のバランス作り、辛い痛みの早期改善、スポーツへの早期復帰をサポートいたします。

痛みへのアプローチ

プロ野球選手やJリーガーなどのトップアスリート、海外のアスリートもケアに使用する痛みの治療機(微弱電流治療機)や、超音波水治療機で痛みの早期改善、骨折などの早期治癒を図ります。

PRIのアプローチ

アメリカで機能解剖学に基づいて研究・考案されたPRI(Postural Restoration Institute)のアプローチを用いて腰痛や股関節痛、仙腸関節痛の治療、姿勢の改善などをします。PRIの基本コンセプトは、左右非対称にできている人間の体から自然に起こる歪みを改善させ、体の連動性を統合するアプローチです。メジャーリーグや国内のプロ野球チームなどでも身体のメンテナンス法として取り入れられています。

保険診療

健康保険、労災保険、自賠責保険などの保険のほか、市町村の福祉医療費助成(老人医療・障がい者医療・ひとり親家庭医療・乳幼児医療)や生活保護にも対応しております。
体の痛みは様々な原因によって引き起こされます。肩こりや頭痛等も何らかの原因によって起こっている可能性がありますので、自己判断せずにご相談ください。

※予約の必要はありません。
※施術内容により一部自費診療となることがあります。
※当院での施術範囲を超えるものと判断した時には、他の専門医療機関をご紹介させていただく事があります。

保険の適応症状 日常生活やスポーツなどでの間違った身体の使い方や、繰り返す動作で痛めた原因のある体の痛み
・寝違え
・ぎっくり腰
・骨折、脱臼の応急処置や治療
(継続して治療を行うには医師の同意が必要)
・打撲
・捻挫
・肉離れ

※単なる肩こりや慰安目的のマッサージは保険の対象にはなりません。

腰痛やぎっくり腰、首の痛み、捻挫などについて日頃の正しい対処法は「様々な症状」のページをご覧ください。

骨盤調整

骨盤の動きの制限や歪みは様々な症状の元になります。当院が受け継いできた施術とPRIのアプローチで調整いたします。詳細は「骨盤について」をご覧ください。

予約施術

水曜日の午前診療後からは終日予約制での施術となっております。 

・自分の身体の状態をしっかり把握して改善したい
・スポーツなどでの長引く痛みや、何度も繰り返す痛みを改善したい
・慢性的な痛み(肩こり・腰痛など)やしびれに悩まされている
・根本から改善したい

このような方は予約での施術をお勧めいたします。詳細は「予約施術について」をご覧ください。

水曜日の午後以外の曜日や時間外を希望される方は、お問い合わせフォームからメールでお問い合わせください。

微弱電流治療(マイクロカレントセラピー)

怪我などで痛んだ細胞は、電気抵抗を増やして周りの正常な組織よりも高い電気抵抗をもつようになります。これによって細胞の治癒過程を妨害して最終的に炎症が起こります。その痛んだ細胞では栄養・水・ミネラルが減少し、毒素の除去ができにくい状態になっています。痛んだ細胞の周囲の正常な細胞は、痛んだ細胞が正常な電位に戻るように働きかけます。微弱電流治療は、患部周辺や痛みのあるところ、関連部分に通電する事でこの治癒過程の生化学的・電気的反応を始動させる触媒の役割をします。これによって体内で蛋白質の合成を促進、組織の修復を早めて骨折の早期癒合、細胞内のミトコンドリアの機能を高めてプロスタグランジン、ヒスタミン、サブスタンスPのような発痛物質の分散を引き起こして、痛みを緩和し炎症の早期改善を促します。また局所への通電以外にも、クリップ電極を使って全身に通電することで身体のコンディションを整える効果も得ることもできます。最近では海外の有名アスリート以外にも、代表クラスのプロ野球選手やJリーガーなど、日本のトップアスリートにもこの治療を取り入れる選手が増えてきています。
微弱電流治療機での通電は、よくある低周波治療器などとは違ってほとんど何も感じることはありませんので、電気治療が苦手という方でも安心して治療を受けて頂けます。

効果(海外の研究発表から) ・痛みの軽減
・組織の修復
  創傷の治癒促進
  軟部組織や皮膚潰瘍の治癒促進
  損傷した神経組織の早期回復
  骨癒合の促進
  軟骨修復の促進
  組織中のATP濃度とタンパク合成の増加
・浮腫の軽減
・治療やリハビリ期間の減少

交通事故での怪我(むち打ち等)の施術

交通事故によって生じるむち打ちや捻挫などは、病院や整形外科だけではなく整骨院でも施術を受けることができます。交通事故による怪我・症状で痛みの訴えが多いのは、むち打ち損傷による首の痛みや腰痛です。レントゲン検査を受けて「異常なし」と言われても、衝撃によって筋肉や靭帯、体の姿勢の歪みなどに影響を及ぼすことで、事故後しばらくたってから「腰痛」「首の痛み」「手足の痺れ」「めまい」「頭痛」「倦怠感」などの症状が現れることがあり、後遺症として残る可能性もあります。交通事故に遭った時は症状が固定する前に早めに治療を受けましょう。

1診断を受ける

むち打ちの症状は事故直後よりも、少し時間が経った後に出てくることがあります。他に重篤な症状が隠れていることもあるので、事故直後の目立った外傷や自覚症状の有無にかかわらず、必ず医師のもとで検査・診断を受けましょう。

矢印

2保険会社に連絡

保険会社に連絡し、治療を受ける旨を伝えてください。どの医療機関で治療を受けるかは、被害者自身で決めることができます。

矢印

3治療を受ける

整形外科・整骨院で治療を受けましょう。なお、治療費、通院に必要な交通費などは、基本的に自賠責保険などにより支払われます。

 

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付