姿勢について

不良姿勢は痛みや変形、O脚の原因にも

不良姿勢は全身の筋肉や筋膜のバランスが崩れることが原因です。そのバランスの崩れが身体への負担となり、その負担が大きいほど痛みや違和感など身体の不調や関節の変形の原因になります。バランスが崩れる原因は体幹部の不安定性や、日常生活やスポーツ、趣味などでの偏った動作や、骨折、ぎっくり腰、足首の捻挫などの怪我に起因するものなどさまざまです。これらのバランスを調整して姿勢を整える、それを維持する身体の使い方や体幹部の筋力をつけることで「肩こり」「腰痛」や「膝痛」など様々な痛みやO脚の改善、体の連動性を高めることでコンディションやスポーツのパフォーマンス向上につなげることもできます。また、高齢の方は呼吸が楽になり嚥下しやすくなる、転倒にしにくくなるなどの効果が期待できます。

不良姿勢からの痛み

身体のバランスを崩して代償的な動きをすることで硬くなったり、短くなったりして過緊張を起こした筋肉が様々な生理的反応の過程を経たのち、エネルギー不足に陥った筋肉は発痛物質を放出して、それが神経を刺激することで痛みを感じます。また、これが交感神経の活動を高めて部分的に血液が行き渡らない状態を作ります。不良姿勢からの痛みには、筋肉の緊張が持続して血液が行き渡らない状態になる肩こりのような症状や、筋筋膜性の腰痛などがあります。「痛みのない体」のためには、局所の負荷を減らすことも重要です。

猫背の影響

パソコン作業やスマートフォンでメールを打つ、あごを突き出して頬杖をつく姿勢など、背中を丸めて顎を突き出す猫背の姿勢では首の後ろや背中の筋肉は緊張してつまるように、肩は前の方へ巻き込むようになり、あごは前に引っ張られます。このような姿勢は前に引っ張られた頭(5kg)と両腕(4kg×2)を支えるため、首や肩甲骨周りの筋肉が働かなくてはならなくなり、首や肩のこり感につながります。またこのような猫背姿勢は、ストレートネックの原因にもなります。

運動で改善

ヒトは2足歩行で歩くように進化してきました。骨格は2足歩行に適応するように変化し、手を使う事を覚えたヒトは様々な道具を発明し、文化も発達して今に至ります。車や自転車、パソコンなど便利になった反面、ヒトは進化する過程で手に入れた基本的な動作「歩く」ということをあまりしなくなりました。その結果、基本的な筋力不足や間違った身体の使い方で痛めたり、生活習慣の変容から不良姿勢になることでも痛みを引き起こすようになりました。痛みや姿勢を改善して正しい姿勢を維持する「腹圧」をかけるためには、体幹・骨盤周りの筋力(横隔膜、腹筋群、骨盤底筋群)、体の正しい使い方が重要です。普段から体幹を使わず、代償的な身体の使い方のパターンに陥っている人は、正しい身体の使い方を意識して運動することが大切です。

全身調整

徒手療法や関節整復、筋膜リリース、PRI(Postural Restoration Institute)やDNS(Dynamic Neuromuscular Stabilization)のアプローチで脊柱~骨盤の調整、トップアスリートも使用する治療機での物理療法などで、さまざまな痛み・しびれ等の改善や、スポーツでのパフォーマンスアップ、障害予防を目的としたメンテナンスを行います。

対応

  • 慢性痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 五十肩
  • 猫背
  • しびれ
  • O脚
  • 障害予防・メンテナンス    など

【施術料金】

¥ 5,000(中学生以下 ¥3,000)

※全身調整は予約制となっております。

予約バナー

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付