様々な症状について

腰痛

腰痛にはぎっくり腰のような急性腰痛や、何ヶ月も続くような慢性的な腰痛があり、それらはさまざまな原因、病態があり、治療方法も異なります。その腰痛の85%が"原因不明"といわれている「非特異性腰痛」であり、「画像所見で異常が見られない腰痛」と定義されているものです。
急性腰痛が骨折や感染などの重大な疾患でない限り、適切な処置をして治療すればほとんどが完治できます。しかし慢性腰痛になってしまっている人は、ほとんどの場合がぎっくり腰などの急性腰痛を適切な処置をしないで放っておいてしまったり、間違った対処をされています。慢性的な腰痛の原因は「腰痛に対する間違った考え方、思い込み」「動くこと、痛みへの恐怖、ストレスなどの心理的影響」「間違った身体の使い方」「筋力低下」「日常生活」「薬への依存」「睡眠不足」「身体の歪み」「呼吸や腹圧」「体幹部の不安定性」など、様々な要因があります。このような多岐にわたる様々な要因から、マッサージなどのリラクゼーションだけで改善することはありません。

先に書いたように、腰痛の85%は画像では診断できません。ヘルニアの人と比較するため、腰痛がない健康な人を対象に画像所見(MRI)を撮ったところ、76%の人に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が見つかったという研究結果があります。別の研究結果では30代の人でも52%の人に椎間板の変性が見られたというものもあります。つまり、健康な人でもMRIを取れば何らかの異常が見つかるもので、「腰痛=画像所見での異常」とはならないということです。画像所見は重篤な腰痛や問題を除外するために必要であり、その腰痛が内臓由来や血管からきている場合には画像所見が重要になります。また、レントゲンで骨がずれているからだとか、骨と骨の間が狭くなっているから腰が痛い、というわけではありません。そのような原因で起こっている可能性はほとんどありません。つまり単なる腰痛の場合は、骨がずれているから、骨と骨の間が狭くなっているから、という理由で手術をする必要は全くありません。単なる腰痛の場合は、手術をする必要はほぼないというのが近年の腰痛治療の世界的な流れです。
また、腰痛は「動ける範囲でできるだけ動く」ことが大事で、決して一日中横になって休んだりしてはいけません。それで腰痛が良くなることは決してありません。昔は安静にするということが当たり前でしたが、ぎっくり腰などでも動けるようになってきたら、なるべく動いて日常生活を維持することが慢性化を防ぐために大切です。

ぎっくり腰

ぎっくり腰はドイツ語でHexenschuss(魔女の一撃)とも言われ、「寝ている状態から急に起き上がる」「重たい物を持ち上げる」などの動作を行った時にのみ起こるのではなく、「前屈みになった時」や「くしゃみをした時」などの、些細な動作がきっかけとなって筋肉や筋膜、靱帯が損傷したり、痛んだりして起こります。
原因は様々で日頃の「運動不足」「姿勢不良」「筋肉の過緊張」「筋力低下」「体の連動不全」「呼吸不全」などが要因となって引き起こします。ぎっくり腰はなってしまった時に何もせずに放っておいてしまったり、間違った対処をしてしまうと痛みが慢性化してしまいます。もしもなってしまったら、適切な処置を受けるようにしましょう。また、何度も繰り返すぎっくり腰は、腰回りの筋力低下、腰や股関節の可動域の制限、体の間違った使い方、体幹部の不安定性などが原因となっていることが多く、普段から体の動きを意識して運動することや、ストレッチなどで筋肉の緊張をやわらげることで予防することが可能です。
ぎっくり腰でも痛みの慢性化を避けるため「動ける範囲でできるだけ動く」ことが大切です。昔は安静にするということが当たり前でしたが、動けるようになってきたらなるべく動いて、日常生活を維持することが慢性化を防ぐために大切です。

首や肩の痛み・肩こり

首や肩の痛みは寝違えやむち打ちなどで直接的に痛めたもの以外にも、肩甲骨や背骨、胸郭などの「可動域制限」「姿勢不良」「筋肉の過緊張」「血行不良」などが要因となって、痛みや頭痛、肩こりなどの症状を引き起こします。マッサージなどで一時的には楽になっても、そういった原因を改善しなければ同じ症状を繰り返すことになります。またそういった痛みは首や肩だけではなく、背中や腰にまで影響が及ぶこともあります。それ以外にも重篤な病気が隠れていることもありますので、症状を感じた時は専門家に相談しましょう。
猫背など、不良姿勢からくる首の痛みについては姿勢についてをご覧ください。

膝痛

膝を捻って痛めてしまう、そこから膝に水がたまってしまった・・・というのはよくあることかもしれません。しかしそれ以外でも、レントゲンを撮っても関節自体には問題がないと言われた・・・捻った覚えもない・・・でも膝が痛いという方は多いのではないでしょうか。そういった膝の痛みは、歩くなどの日常動作やスポーツなどの運動時に「姿勢不良」「身体や骨盤、脚の歪み」「筋力の低下」「間違った身体の使い方」などで、膝や身体の様々な所に負担がかかり、それに関連して出てくる痛みです。よく言われる事に「軟骨がすり減っているから膝が痛い」というものがありますが、軟骨自体に痛みを感じる神経がないので原因にはなりません。(ただし軟骨自体が無くなるほどすり減り、骨と骨がぶつかり合うような状態であれば痛みは出ます)身体の使い方の再教育、ストレッチ、筋力トレーニング、関節可動域の改善などにより予防や改善することが可能です。

O脚・X脚

O脚とは脚を閉じた状態でまっすぐ立った時に、太腿、膝、ふくらはぎ、くるぶしのいずれかが開いた状態のことです。また、X脚とは脚を閉じた状態でまっすぐ立った時に、膝はくっついているけども左右の内くるぶしに隙間ができる状態のことです。O脚・X脚になる原因は「筋力の低下」「筋肉の過緊張」「骨盤の前傾・後傾」「姿勢不良」「外反母趾・偏平足」などの要因で、身体の使い方(立ち方)が正常でなくなりO脚・X脚になります。

痛みの改善・予防には運動が大切

腰痛などの症状は若年化傾向にあって、小さなお子さんに腰痛が出ているケースもあります。人間の神経系統はおよそ8歳までに出来上がると言われており、それまでに様々な動きをすることによって、体の正しい使い方を覚えることが大切です。まず正しい体の使い方を教育しなければ、姿勢や歩き方などが悪くなったり、それに伴って身体のどこかに負担がかかることで痛みが出るなど、異常が生じる可能性があります。このように「健康な体・痛みのない体」と「運動」は、密接な関係があります。子供には身体の発育のために、ご高齢の方には生活習慣病や介護予防、痛みの改善のためにも運動が必要です。しかしただやみくもに運動すればいいというわけではありません。特に小・中学生のうちは体が発育途中のため、過度な負担をかけると「オーバーユース(使い過ぎ)」によるスポーツ傷害などの弊害を招く場合や、ご高齢の方では痛みがさらに増してしまう場合もあります。また、運動したとしても正しいやり方で行わなければ、ちゃんとした効果が得られないことにもなります。痛めるリスクをできるだけなくし、効果的な運動を行うためには適切な方法・適切な負荷で行うことが大切です。
また、腰痛や膝、首の痛み、スポーツ障害などの各症状の早期改善・予防して頂くために、当院では施術に加えて自宅で行うストレッチやトレーニング、エクササイズなどの指導や体の使い方の指導も行っております。これらをセルフケアとして行っていただくことで痛めない、痛めにくい、通院しなくてもいい身体を手に入れましょう。

骨折

転倒してぶつけたり手をつく、激しく捻るなどの瞬間的な強い力で骨が完全に、あるいは部分的に剥離して起こるものや、骨粗鬆症の方やお年寄りに多い腰椎の圧迫骨折や大腿骨頚部骨折、小さな子供さんでは竹がへしゃげるような骨折などがあります。骨が完全に折れた状態を「完全骨折」と言い、ひびが入った状態を「不全骨折」と言います。腫れ方は患部を中心に全体的に広く腫れあがって皮下出血が認められ、骨の転位が大きなものは外観上でも確認できますが、指などの骨折では外観上腫れが少ないこともありますので、突き指などでもしっかり診てもらう事が大切です。当院では骨折の処置のほか、骨折後のリハビリや骨の癒合を早める治療も行っております。(応急処置以降の施術には医師の同意が必要です)

脱臼

関節を構成する骨が正常な位置から外れてしまった状態で、肩関節の脱臼が多くみられます。特に大人になってからの脱臼は再発しやすいので、医療機関や整骨院で適切な治療を受けるようにしましょう。また、小さなお子さんの手を引っ張ったりした時に起こる「手が抜ける」というものは、肘の靱帯が逸脱した亜脱臼の状態です。これは子供の体が発育段階にあることから起こるもので、繰り返し起こす子供さんもおられますが、成長するにつれておよそ小学校低学年まででなくなります。

捻挫

足首などを捻ったりして、関節が通常範囲を超えた動きを強制されて主に靱帯や関節包、筋肉などを痛めたものです。
足首をちょっと捻っただけだから大したことはない・・・と考えて放っておいてはいけません。いつまでも痛みが残るから検査してみると実は骨折していた・・・なんてことや、「正座がしにくい、正座をすると痛みがある」「何度も同じところを捻挫してしまう」などの症状が残って日常生活に影響が出てしまうこともあります。最初に適切な処置を怠ることで痛みが長びいたり、身体の他の部分にまで悪影響が及んでしまう事もありますので自己判断せず、きちんと診てもらうようにしましょう。適切な処置に加えて運動療法を行う事で、スポーツへの早期復帰、元通りの日常生活を目指しましょう。

挫傷(肉離れ)

瞬間的に筋肉が収縮・伸長されることで、筋膜や筋肉繊維の一部が切れてしまったものです。短距離走やサッカーなど走っている時に起こしやすく、大腿部後ろのハムストリングス(太ももの裏の筋肉)、大腿部前面の大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)、腓腹筋(ふくらはぎ)、大腿部内側の内転筋(太ももの内側の筋肉)に多く発生します。肉離れの発生要因は筋疲労、もともとあった筋肉の損傷、適正なウォーミングアップの欠如、筋の柔軟性低下、左右のハムストリングス筋力のアンバランス、ハムストリングスと大腿四頭筋の筋力のアンバランスなど様々です。軽めのストレッチ、アイシング、テーピングや包帯での固定などで治療を行います。

打撲

日常生活やスポーツで転んだりぶつかったりした時に、体が強く打ちつけられることで皮下組織や筋肉が傷ついた状態です。適切な処置をしなければしこりのようなもの(血腫)が残り、思いのほか痛みが長引くこともあります。血腫を取り除く手技、アイシングや包帯で圧迫固定などの適切な処置で痛みをやわらげ、早期に改善させましょう。

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付