四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2017.03.31更新

暖かい日があるかと思えば、今日は寒くて冷たい雨が降っています

暑がりの私にはこれからが一番いい季節ですo(^▽^)o


さて

以前から呼吸の重要性についてはブログでも何度か書いてきました

過去ブログ →  呼吸の身体への影響

身体の不調にも関与する呼吸や姿勢、体幹の安定に

大きな役割を担っているのが横隔膜です

腹式呼吸でその横隔膜がどのように動くかの動画を見つけました

この横隔膜を姿勢保持のために使うことで

腹式呼吸ができず、肩で呼吸をするような人は

その代償的動作の結果として、脚が太くなったり

腰痛や肩こりなど、様々な痛みの不調を訴える方が多いです

先日

脚の付け根、鼠径部、足部が痛いという主訴で

他院に通うも治らないということで来院した

サッカーをしている中学生

身体をチェック

やはり横隔膜をうまく使えていません

やり方を教えてもなかなかうまくいきません

こういう場合は施術に加えて、トレーニングが必要になってきます

筋肉はそれぞれ独立しているようで連結しています

横隔膜も「膜」とはいうものの、れっきとした筋肉(焼肉でいうハラミの部分)で

胸椎を前上方に引っ張ります

横隔膜に連結する大腰筋と腸骨筋が腰椎を前に引っ張る事で

腰椎の前弯、いわゆる生理的な反りができて姿勢を作ります

このように連結する筋肉が連動することで、安定して良い動作が可能になります

アナトミートレイン


良い動作ができないと、代償的動作が出る事で局所に過負荷がかかり

痛みの原因になります

逆の見方をすると

痛い所だけに対処(マッサージや注射など)をしても一時的であって

原因を探してアプローチしないと治らないということ

話をもとにもどして

しっかり横隔膜を使って呼吸することは

体幹の安定性をあげて、代謝を促進し

姿勢の改善に、日常生活やスポーツのパフォーマンスアップに繋がります

日頃から腹式呼吸の意識をしましょう(*^_^*)

施術に加えて横隔膜や体幹の連動性のトレーニングなど

マンツーマンでの時間をかけた総合的な施術は予約施術で行っています

その他ご質問などは公式LINEからもしていただけます

友だち追加

投稿者: 阪本整骨院

2017.03.16更新

だんだんと夜明けが早くなってきました

春が近づいてきたのを実感します

 

さて

腰痛で悩んでおられる方は多いです

今現在、最新版の厚生労働省の平成25年国民生活基礎調査の概況によると

腰痛は訴えの多い症状として

男性で1位、女性では肩こりに次いで2位となっています

また、通院の原因としても

男性で4位、女性で2位となっています


そんな誰でも知ってる国民的アイドルのような存在の腰痛ですが

その原因は様々です

 

先週にご紹介で遠く兵庫県から来院された60代の女性

予約施術だったので、1時間程かけて問診と検査

長らく腰痛に悩まされておられたこの方は

機能的な問題があるわけではなく

心理社会的要因が原因

 

今週は30代男性

少し前かがみ、脚をひきずるような歩き方

チェックしてみると骨盤帯~大腿部が原因

状態を説明して、あえて腰には触らず

骨盤と脚にアプローチした後に歩いてもらうと・・・

「痛みがないです!(゜o゜)」

 

腰痛で腰だけにフォーカスするのは間違いで

まして

マッサージだけ

痛み止めの薬でごまかす

はたして本当の治療でしょうか・・・?

 

・局所ではなく全体的に

・心理社会的要因も考慮

・腰痛の正しい理解と対処

・自発的なアクション

改善するための重要なポイントです

腰痛改善プログラム

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付