四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2017.06.29更新

ここ数日、やっと梅雨らしい天候になりました

花壇に毎日水やりをしなくていいのがありがたいです♪

でもやっぱり晴れてる方が気持ちがいいですけど(>_<)

さておき

過去ブログの呼吸の身体への影響や、呼吸と姿勢でも書きましたが

姿勢やスポーツをするにあたってのパフォーマンス、怪我の原因などに

「呼吸」というものが関与していることがあります

普段なにげなくしている呼吸ですが

横隔膜がしっかり働いて動くことで正常な呼吸ができます

その横隔膜は大腰筋とつながっていて

その大腰筋は脚の大腿骨についています

また、呼吸は骨盤底筋群の動きにも関与しています

ようするに呼吸や様々な動作をするにあたって

今までも何度も言っているように

「身体の連動性が重要」ということです

こういった連動した動きの正しい呼吸がしっかりできていなければ

これらの連動性が損なわれることで

脚など局所への負荷が大きくなることで痛めてしまったり

体幹部の不安定性から、骨盤周りのいろんな症状を招いたり

パフォーマンスの低下や、その他様々な症状につながる、、、というわけです

その大事な呼吸の横隔膜や大腰筋の動きの

わかりやすい動画を見つけたのでご紹介(*^_^*)

こういった動きを意識しながら

腹圧をかけて意識的に腹式呼吸をするようにしましょう♪

投稿者: 阪本整骨院

2017.06.15更新

「子供の手が抜ける」という話を聞いたことがあるお母さんは多いと思います

駄々をこねる子供へこっちに来なさい!、、、と

子供の手を引っ張った瞬間などになります

先日も手が抜ける事について質問を受けました

過去のブログに書いたものがあるので

そちらを引用しますので、参考にしてください(*^_^*)

 


 

さて、先日もわざわざ遠くから自転車で来られたお母さんがおられましたが

今回は子供の「手が抜ける」ことについて少しお話を

医学的には「肘内障(ちゅうないしょう)」と言います

学齢前の、主に2~4歳ごろの小児特有の障害で、

「こっちにおいで!」というような感じで手を強く引っ張ったりすると発生し

急に子供は肘の辺りの痛みを訴え泣きだします

だいたいのお子さんは下の写真のように

手のひらを下に向けて軽く肘を曲げたままあまり動かさなくなります

 肘内障

当院に来られた中では、変に寝返りした際になったというお子さんもおられました

その時どうなっているかというと、前腕には2本の骨がありますが

手のひらを上に向けた状態で、その外側の骨(橈骨)の一番上(橈骨頭)にある

輪ゴムのような靭帯(橈骨輪状靭帯)が、あるべき場所から逸脱してしまっている状態です

いわゆる「亜脱臼」ということになります

橈骨輪状靭帯 

また、何度も抜けるお子さんはおられますが、これは小児時には体、特に肘の関節が

まだ発育途中であるために起こるもので、、成長するに従って自然に抜けなくなります

ですから、よく言われる「脱臼はクセになる」というようなものではないので

心配はいりません(^_-)


もしも手が抜けたかな・・・?と思われたら

お近くのちゃんとした整骨院に行ってみてください

麻酔の注射などの処置は全く必要ないですし

軽いものならば、ものの3秒で治りますよ(^O^)/

<以上、過去ブログ「子供の手が抜けるって?」から引用>


 

 

なんか院の様子が古いですね(笑)

5・6年前のような気がするけど、それだけ歳をとったってことでもあるんですね・・・(゜o゜)

投稿者: 阪本整骨院

2017.06.06更新

妊娠、そして出産というものは女性の身体にすごく負担がかかるものです 

骨盤は書いて字のごとく、「盤」と書きますが一枚の板のようなものではなく

仙骨、腸骨、尾骨が組み合わさってできており、そこには多くの靱帯がついています

また、歩くことで骨盤は少し回旋して動きます

骨盤靭帯

妊娠中や産後にどのような骨盤の状態になるのかというと

妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンやリラキシンの関与で

徐々にゆるんで広がり、赤ちゃんが通る道を作ります

(ちょうど上の画像の文字の上の辺りが開いてきます)

そして産後、徐々に元に戻っていくわけですが

この戻る過程で歪んだ状態で元にもどってしまうと

腰やおしりの痛み、脚のしびれの原因になることがあります


また、出産に伴って骨盤底筋群が傷んだり、緩んでいることで

尿漏れしやすくなったり、、、

お風呂上りにお湯が垂れてきたり、、、

切れ痔になってしまったり、、、

それ以外にも、性交時の痛みの原因になったりも、、、(゜o゜)

そのため海外では理学療法士の方が

産前から産後まで骨盤のケアをされているところもあります


さておき

当院に来られる女性の方でも

「産後の腰痛がひどく、足までしびれてきた

整形外科でレントゲンを撮ったけど、何も異常はないと言われた・・・」

という方はやはり多いです


そういった方の身体をチェックをすると、骨盤が正しい状態ではなく

骨盤や股関節、脊柱の可動域が制限されて

身体の連動性が損なわれていたり

骨盤底筋群がうまく働いていないことがほとんどです

このような方には骨盤の正常な動きを確保するため

身体のバランスの調整、自宅での運動、日常生活動作の管理などで

改善することができます


こういった骨盤からくる症状は、妊婦さんに限るものではなく

老若男女にも関係なく出てくることがあります

前の日記、坐骨神経痛にもつながってくるところです

その内容や骨盤については下記を参照してください

坐骨神経痛は「症状」

骨盤について


普段のなにげない動作や姿勢、生活習慣からも影響を受けますので

日頃から気をつけて、身体のバランスを整えるために

ストレッチ、腹式呼吸などで予防することをおススメします

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.31更新

もう5月も終わりです

先日から会議続きで休診をいただき、ご迷惑をお掛けしておりました

 

さて、みなさん一度は聞いた事がある「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」という単語

けっこう勘違いされている方もおられますが

坐骨神経痛は「症状」であって「病気」ではありません

坐骨神経は人体で最も太い神経です

坐骨神経

(後ろから見た図で、一番太く光っているものが坐骨神経)

この神経がなんらかの刺激を受けて出る症状が「坐骨神経痛」と言われるものです

その症状として痛みやしびれ感、だるさなどで

ひどくなるとお尻~ふとももの裏だけではなく、ふくらはぎ~足先まで出てくることもあります


その原因となるもののひとつとして、梨状筋症候群があります

梨状筋はお尻の部分、骨盤(仙骨)から大腿骨にかけてついている筋肉です

(後ろから見た図、画像の黄色く光る部分)

坐骨神経3

この梨状筋の下を坐骨神経が通ります

梨状筋が過緊張を起こして坐骨神経を刺激することで

痛みがでるものを「梨状筋症候群」といいます

梨状筋が過緊張を起こす原因として

身体の使い方、身体の連動性低下、骨盤の変位などが考えられます


先日も同じような症状で腰、お尻、ふとももに痛みがあり

足に力が入らず、立てない、歩けないという50代女性の方が

傘を杖代わりにして来院されました

とある医療機関ではレントゲン検査ののちに

すべり症という診断をいただいたそうですが

すべり症は腰痛の原因にはなりません

過去の研究データなどで検証されており

また

「腰椎すべり症、分離症(初期の疲労骨折は除きます)、椎間板や軟骨の変性が痛みの原因となることはありません。」

と、はっきり言われている整形外科のドクターもおられます

 

さておき、先ほどの女性の患者さんがどうなったかというと

初診の日から4日間は毎日施術

5日目は歩いて電車に乗って仕事復帰

週が明けて一週間後、普通に歩く、痛みはほぼない状態に回復していただけています


また、痛み止めの薬について

坐骨神経痛にリリカは効かない?」という研究データもあるようです

個人的にリリカにはあまりいいイメージがありません(>_<)

服用されている方の改善は、様々な背景から割と時間がかかる印象なので、、、


さておき

正しい情報を知り正しく対処することが、早期改善への近道です

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.12更新

先日、ニュースを見ていると

X JAPANのYOSHIKIさんが首の手術をするそうで

X JAPANと言えば、私が中学時代にも聞いていました

いまだにiTunesには「紅」という曲だけ入っていたりして

年下で世代ではない家内が、紅を聴いてなぜか今になって

「これ、名曲やな・・・」と、ドンはまりしてるとか・・・(笑)

私自身、趣味でバンドをやっていたこともあるので食いついたこの話題

さておき、首~腰までは脊柱と呼ばれ、首7個、胸12個、腰5個の骨で構成されており

その骨と骨の間、椎間孔から各部への神経が出ています(黄色の線が神経)

脊柱、神経

身体は背骨だけではなく、全ての部分で連動して動きます

ここが機械ではなかなかマネできないところで

このために「局所」だけにフォーカスしてもダメだと考えています

事実、背中が曲がってしまっているご高齢の方でも、手足のしびれや痛みのない方もいますし

ヘルニアは全く痛みのない健常者でも30代で50%程度に見られるという報告もあります

神経を圧迫しているから、挟みこんでいるから、というのは、、、どうでしょうか?


とある整形外科の先生も、以下のようにブログに書かれています

「神経根を圧迫するとその神経に沿って痛みやしびれが生じる」という生理学は存在しません。

詳細は下記リンクからブログを参照

心療整形外科「X-JAPANのYOSHIKI 首の再手術」


この先生の過去ブログにも書かれていますが

筋肉や筋膜に原因があるものもあります


先月にみさせていただいたハンドボールをしている高校生

右手に力が入らない、しびれる

薬指、小指が冷たくなって血が通っていないような感覚

近隣の整形外科でレントゲンを撮っても異常はなく

大きい病院で血管の検査を受けたが、血管の通りが少し悪くなっているんだろう

と言われたけど対処はなく、、、というところで当院へ


各種検査、握力チェックなど左右差をみてみると

あきらかに右の方が張りが強く、いわゆる前腕コンパートメント症候群といわれるもの

筋肉、筋膜にアプローチ、連動性を上げる施術を3回でほぼしびれなどの症状は無くなり

目標にしていた4月末の試合に出場することができたという例もあります


なんにしても、無事に復活されることを心からお祈りする次第です

投稿者: 阪本整骨院

2017.03.31更新

暖かい日があるかと思えば、今日は寒くて冷たい雨が降っています

暑がりの私にはこれからが一番いい季節ですo(^▽^)o


さて

以前から呼吸の重要性についてはブログでも何度か書いてきました

過去ブログ →  呼吸の身体への影響

身体の不調にも関与する呼吸や姿勢、体幹の安定に

大きな役割を担っているのが横隔膜です

腹式呼吸でその横隔膜がどのように動くかの動画を見つけました

この横隔膜を姿勢保持のために使うことで

腹式呼吸ができず、肩で呼吸をするような人は

その代償的動作の結果として、脚が太くなったり

腰痛や肩こりなど、様々な痛みの不調を訴える方が多いです

先日

脚の付け根、鼠径部、足部が痛いという主訴で

他院に通うも治らないということで来院した

サッカーをしている中学生

身体をチェック

やはり横隔膜をうまく使えていません

やり方を教えてもなかなかうまくいきません

こういう場合は施術に加えて、トレーニングが必要になってきます

筋肉はそれぞれ独立しているようで連結しています

横隔膜も「膜」とはいうものの、れっきとした筋肉(焼肉でいうハラミの部分)で

胸椎を前上方に引っ張ります

横隔膜に連結する大腰筋と腸骨筋が腰椎を前に引っ張る事で

腰椎の前弯、いわゆる生理的な反りができて姿勢を作ります

このように連結する筋肉が連動することで、安定して良い動作が可能になります

アナトミートレイン


良い動作ができないと、代償的動作が出る事で局所に過負荷がかかり

痛みの原因になります

逆の見方をすると

痛い所だけに対処(マッサージや注射など)をしても一時的であって

原因を探してアプローチしないと治らないということ

話をもとにもどして

しっかり横隔膜を使って呼吸することは

体幹の安定性をあげて、代謝を促進し

姿勢の改善に、日常生活やスポーツのパフォーマンスアップに繋がります

日頃から腹式呼吸の意識をしましょう(*^_^*)

施術に加えて横隔膜や体幹の連動性のトレーニングなど

マンツーマンでの時間をかけた総合的な施術は予約施術で行っています

その他ご質問などは公式LINEからもしていただけます

友だち追加

投稿者: 阪本整骨院

2017.03.16更新

だんだんと夜明けが早くなってきました

春が近づいてきたのを実感します

 

さて

腰痛で悩んでおられる方は多いです

今現在、最新版の厚生労働省の平成25年国民生活基礎調査の概況によると

腰痛は訴えの多い症状として

男性で1位、女性では肩こりに次いで2位となっています

また、通院の原因としても

男性で4位、女性で2位となっています


そんな誰でも知ってる国民的アイドルのような存在の腰痛ですが

その原因は様々です

 

先週にご紹介で遠く兵庫県から来院された60代の女性

予約施術だったので、1時間程かけて問診と検査

長らく腰痛に悩まされておられたこの方は

機能的な問題があるわけではなく

心理社会的要因が原因

 

今週は30代男性

少し前かがみ、脚をひきずるような歩き方

チェックしてみると骨盤帯~大腿部が原因

状態を説明して、あえて腰には触らず

骨盤と脚にアプローチした後に歩いてもらうと・・・

「痛みがないです!(゜o゜)」

 

腰痛で腰だけにフォーカスするのは間違いで

まして

マッサージだけ

痛み止めの薬でごまかす

はたして本当の治療でしょうか・・・?

 

・局所ではなく全体的に

・心理社会的要因も考慮

・腰痛の正しい理解と対処

・自発的なアクション

改善するための重要なポイントです

腰痛改善プログラム

投稿者: 阪本整骨院

2017.02.13更新

鳥取の方はえらいこっちゃ!ですね、、、

当院の患者さんのお子さんも城崎から帰れなくなっていたとか(゜o゜)

やっぱり地球温暖化ってどうなんだろうと考える今日この頃、、、

 

さて、呼吸について

呼吸はとても身体の管理をする上で重要なものです

身体の酸素飽和度が低いと脳の働きが低下してぼーっとしたり

生理的な反応によって、うつやパニック障害などと関連があったり

身体の連動性が損なわれることで様々な身体の不調の原因になります

それ以外にも海外では子供の発達障害にも関連があるのではないかと研究されていたり

口呼吸で及ぼす害についても歯医者さんが言われていたりと

身体への影響は少なくないです

なにより酸素がないと身体中に栄養を送れることができず

生きることはできません

 

そんな大事な息をするという事にフォーカスすると

例えば、背中や腰、膝の痛みなど

不調を訴える方の多くは、呼吸や胸郭の状態がよくない事が多いです

それ以外にも胸郭の動きは連動しています

その改善のために施術に加えて、PRIのアプローチを行います

風船トレ

 

また痛みだけではなく

スポーツのパフォーマンスにも大きく関与しています

最近の医療専門誌でも注目されてきました

スポーツメディスン

呼吸、重心、姿勢はリンクして

野球肘、オスグッドやシンスプリントなどのスポーツ障害のみならず

様々な痛みに関連しています

投稿者: 阪本整骨院

2017.01.19更新

ようやく寒くなってきました

雪が積もっているところはかなりの量が積もっているようです

昔はスノーボードに行きたい!、、、となっていましたが

最近は全く思わなくなってしまったのは

歳を取ったからでしょうか、、、

 

さて、運動が大切!ということは

患者さんに常々、何度も、くち酸っぱくお伝えしていることです

その理由は局所的な物だけではなく、いくつもあるのですが

とりあえず知っていただきたい事として

1.筋肉のポンプ作用で血液やリンパの流れを促進する

2.軟骨に栄養を与える、関節内のヒアルロン酸を増やす

3.必要な筋力の維持

があります

 

まず1つ目

「筋肉のポンプ作用」

運動をして筋肉が伸び縮みする動きが出ると

血流が良くなります

血流が良くなる=体に栄養を行き渡らせる効果が上がる

となり、患部の治癒促進につながります

血流が悪くなると、痛みを感じる物質が出てきます

それが肩こりなどの症状や様々な痛みの原因にもなります

また、心臓から出た血液が手足の末梢まで行き

重力に逆らって心臓まで戻す時には

血液を戻す補助的な役割を担います

リンパは血液と違い、心臓のようなポンプのような役割を果たすものはありません

じゃあ、どうやって循環させるのか・・・?

運動して筋肉を伸び縮みさせる、筋肉のポンプ作用で

リンパ管を動かして循環させることができます

運動をしなければ滞ってしまい、むくみなどの原因にもなります

 

2つ目

「軟骨に栄養を与える、関節内のヒアルロン酸を増やす」

以前のブログ「膝の痛み」でも書きましたが

軟骨には神経はほぼないので、軟骨がひしゃげただけでは痛みは出ません

軟骨には血管もありません

血管がなければ、血が通わないので血流からは栄養を与えることができません

じゃあ、どうやって軟骨に栄養を与えるか・・・?

運動して軟骨をスポンジのようにグシュグシュすることで

関節液から栄養を取り込みます

また、運動で関節に刺激を与える事で関節の中の

ヒアルロン酸が増える事がわかっています

わざわざ注射を打たなくても増えます

 

3つ目

「必要な筋力の維持」

代謝の低下、活動性の低下などの原因の他

体の骨や靭帯の機能維持をすることが出来なくなり

代償的に負担がかかる事で、体の他の部分や

骨、靭帯などを痛めてしまうことがあります

 

当院を含めて医療機関にかかる人の多くは

「先生に何とかしてもらう」という意識の

受け身の方が多いと思います

しかし

問診、施術を通して体が治るための環境を整え

痛みの原因となる悪い循環を、治るためのいい循環に変える

治る方向に向かうスイッチを押しているに過ぎません

それに加えて運動をすることで

体を治す方向へとさらに促進してくれます

 

受け身なだけではなく、こういった事を知っていただいた上で

ウォーキングやジョギング、筋トレなど

適切な運動をすることで、ちゃんと体は改善することができます

また、運動は予防することにもつながります

痛みを恐れず、ちゃんと管理した上で運動する事は必要です

ジョギング

投稿者: 阪本整骨院

2017.01.10更新

最近、耳にする機会が増えた「筋膜リリース」という言葉ですが

ようするに

緊張している、あるいは癒着してしまった筋膜を元通りに動くようにすることを指します

 

身体の組織は皮膚や真皮、脂肪、筋膜、筋肉など

それぞれが重なるように隣り合っています

イメージ的にちょうどこんな感じ、、、↓

ミルクレープ

このミルクレープのように何層も重なっているようなものと

考えていただくとわかりやすいかもしれません


それぞれの層が滑るように動くことで

身体をスムーズに動かせることができます

ここで各組織の柔軟性や滑りが良くないと

肘や膝などを曲げることすらできないのは

わかっていただけると思います


骨折などで手術をしたあと、長期間同じ格好でギプス固定をして

肘などを曲げ伸ばししにくくなったような経験はありませんか?

それはこれらの滑走不全や組織の癒着によるものが原因となっています

骨折は極端な例ですが

日常生活やスポーツでの偏った動作でも滑走不全を起こすことで

痛みが出たり、関節の可動域制限が出る事で

他の身体の部分にまで影響を及ぼしたりすることもあります

器具を使う、徒手的にリリースする(はがす)のは

結構な痛みがありますがそれに見合う効果があり

劇的に改善することもよくあります

表面的な気持ちのいいマッサージだけで

改善することはありません

結構な痛みがあるのできちんと説明したあとで

嫌われるのを覚悟でやっています(笑)


自分でできるリリースのやり方として

トップアスリートもセルフケアに使う

トリガーポイントを使う方法についてもお教えしています

トリガー

投稿者: 阪本整骨院

前へ

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付