四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2018.01.25更新

昨年の春からサッカーでスカウトを受けて

地方の高校サッカーの強豪校へ進学した患者さんが

今日、久しぶりに来院されました(*^_^*)

平日なので余計にビックリしていると

なんでもインフルエンザと診断を受けて

強制的に寮から一時帰宅させられたということ(>_<)

それでうちに来るのもどうなのよ?と思いましたが・・・(笑)

 

中学時代に身体のメンテナンスさせていただき

「頑張りや!」と、送り出してからしばらくした頃

お父さんから「足首の骨折したみたいで、どう対処したらいいか?」という相談も受けていました

 

みさせていただいたところROM制限、下腿の筋緊張などの所見

よくよく話を聞いてみると

しっかりとしたリハビリはしていないということ

今の時期はインターバル走など、走るトレーニング中心だけど

ずっと走っているうちにターンしたりすると骨折した側の脚に

だんだん力が入りにくくなってくる、、、

そりゃそーなるわーーー、と(>_<)


骨折は「骨がくっついたら治った」というものではありません!

むしろそこからが「スタート」です(>_<)

特にスポーツをしている人!!!


今回のケースでは

・足首の関節可動域が正常に戻っていない

・しばらく休んでいる間に、筋力が低下したままもどせていない

単純にはこれらが考えられます


その状態で元のハードな練習に戻ればどうなるか・・・?

だいたい想像できるはずです

最悪の場合には、足首をかばって動くことで

・他の部分の負荷が増えて傷める

・動作パターンが変わって、パフォーマンスが落ちる

こともあります

 

こうなるとレギュラーを守る事や、その座は遠のいてしまいます、、、

焦らず、しっかり治すことは非常ーーーーーに、大切です!!!

足首

投稿者: 阪本整骨院

2018.01.15更新

来院される患者さんは様々な「痛み」を訴えてこられます

例えば

サッカーをして捻挫した

荷物を持ち上げようとしてぎっくり腰になった

ドアに指をはさんだ

朝起きたら首を寝違えていた

転倒して手をついた・膝をぶつけたりして骨折した

事故でむちうちになった

などなど、様々な理由があります

この「痛み」が出る仕組みは、上の様な物理的な「刺激」が引き起こします

 

ほとんどの方はこの上の例のような「刺激」が原因とわかりやすいのですが

特に思い当たる原因がない・・・

けれども痛みやしびれがある・・・

という患者さんもおられます

いくつかその原因となるものはあるのですが

このような患者さんで多いもののひとつとして

「虚血」が原因となっているものです

 

「虚血」とは血が通っていない状態のこと

わかりやすいものとして、心筋梗塞の「痛み」です

心臓の筋肉を動かすための動脈が狭くなる、もしくはつまってしまうことで

血が通わない=酸素が不足した状態

になると激しい痛みが伴うというものです

このように血が通わず、低酸素状態は痛みの原因になります

肩こりで感じる痛みも、筋肉が過緊張して血流が悪くなることによります

スポーツをした後の筋肉の痛みなどもそう

腰痛の原因になっていることもあります

 

じゃあ

こういった虚血からの痛みを改善するにはどうするか?

それは・・・

「血流を良くすること」です

しかし

良くするだけではなく、なぜそこの血流が悪くなるのか?

その原因を探って改善しなければ、根本から治すことはできません

腰痛

Twitter @jt_sakamoto

投稿者: 阪本整骨院

2017.12.04更新

気がつけば大阪マラソンも終わり

やれやれと思っていたらもう12月です

新しい年は日に日に近づいていますねー

またひとつ、年を重ねていきます、、、


さて、当院でもそのコンセプトを施術やトレーニングに取り入れている「PRI」について

有名スポーツ誌Numberで記事が上がっていました

「人間の体の中身は左右対称ではない。 菊池雄星が始めた「左特有の投げ方」。」

西部の菊池投手がトレーニングにPRIを取り入れているとのこと

この記事中にも書いてありますが、MLBやNBAなどで多く取り入れられているものです

 

日々の臨床で考えていた「左右非対称」という疑問に対して

答えを示してくれたのがこのPRIでした

記事の題名にもあるように内蔵や骨格、筋肉のつき方など

「人間の体は左右対称ではない」からこそ

おのずと左右で違ったアプローチが必要になってくる

そういった観点からPRIを学ばせていただいてからは

より多角的なアプローチを考えるようになりました

人間の体はやっぱりおもしろいです(*^_^*)

投稿者: 阪本整骨院

2017.11.16更新

身体の関節は様々な形でできています

凹凸の場合もあれば、凹凹のこともあったり

凸凸の場合もあります

 

関節の周りには筋肉や靭帯が多くあって

がっちりかみ合っているわけではなく

少しの余裕、いわゆる「遊び」があります

右の股関節を例にすると

骨盤や背骨、太ももからの筋肉や、白く描写されている靭帯で覆われていることがわかります

股関節

 

筋肉は関節を動かすための動力源

靭帯は関節がはずれないようにとめているもの

その関節がうまく可動することで様々な動きが行えるわけですが

さきほどの「遊び」があることで、少しのズレが生じる事があります

そうしたズレが生じると、筋肉や靭帯は伸ばされたり、縮んでしまったりして、

筋力が落ちたり、靭帯が弛緩・関節が不安定化してしまうことになります


その状態が続いて、様々な動きを続けることで

→ 身体への負荷が増える

→ 靭帯や軟骨など様々な組織を損傷

→ 変形、痛みの出現

ということになってしまいます(>_<)


そういった身体の関節などを施術、いわゆる「整復」をして

関節の中心化=負荷の少ない、最適な関節可動が行える状態

にすることで身体の改善をすることができます

これが「身体の環境を整える」ということだと考えています


また、それに加えて

その状態を維持できる「身体づくり」のためには

日頃からのストレッチや運動が必要です

投稿者: 阪本整骨院

2017.10.26更新

台風や続いた雨で被害を受けられた方もおられると思います

一日でも早い日常が戻りますよう、祈ります

 

さて

大阪マラソンは第1回大会から毎年、大阪府柔道整復師会の一員としてランナーサポートで参加してきました

過去ブログ参照 →

ランナーサポート@大阪マラソン

大阪マラソンの救護ボランティア

その頃から毎年大阪マラソンに応募すること7年・・・

ついに大阪府から「合格通知」を受けることができ、ようやく今年走ることに(*^^)v

フルマラソンは6年前の第1回京都マラソン以来になります

そこで練習を徐々に始めていました

 

そして先日、大阪城6時間走というイベントで実際に42キロを走ってみたところ

脚を傷めてしまいました

歩いたり走って脚をつくとビーーーーンと痛みが走ります、、、

やはりペースを守れなかったのがひとつの原因

あとは練習不足をひしひしと感じました

傷めたのは青い部分、膝窩筋という部分で

膝窩筋

膝を曲げ伸ばしや、膝の安定化の役割をするところです

ようするに「走り方」自体、右膝に負担がかかるようになってしまっている

ということです

身体の使い方はやはり重要ですね

その辺りも見直さなくては、、、

 

さておき、こういうときは仕方ないので自分で治療を

まず微弱電流治療で痛みのレベルは3分の1程度に

トリガーポイントを使って筋膜リリース、ストレッチでほぼ痛みはなくなりましたが

少し筋緊張が残る感じ

しばらくは痛みがでない負荷での練習になりそうです、、、

しかしながら、自分の身体をもって微弱電流の効果を実感できたのはよかったのかも(笑)

 

大阪マラソンまであと一ヶ月、果たして記録はどうなることやら

走る予定の皆さん、無理なく練習して体調を整えましょう!

投稿者: 阪本整骨院

2017.06.29更新

ここ数日、やっと梅雨らしい天候になりました

花壇に毎日水やりをしなくていいのがありがたいです♪

でもやっぱり晴れてる方が気持ちがいいですけど(>_<)

さておき

過去ブログの呼吸の身体への影響や、呼吸と姿勢でも書きましたが

姿勢やスポーツをするにあたってのパフォーマンス、怪我の原因などに

「呼吸」というものが関与していることがあります

普段なにげなくしている呼吸ですが

横隔膜がしっかり働いて動くことで正常な呼吸ができます

その横隔膜は大腰筋とつながっていて

その大腰筋は脚の大腿骨についています

また、呼吸は骨盤底筋群の動きにも関与しています

ようするに呼吸や様々な動作をするにあたって

今までも何度も言っているように

「身体の連動性が重要」ということです

こういった連動した動きの正しい呼吸がしっかりできていなければ

これらの連動性が損なわれることで

脚など局所への負荷が大きくなることで痛めてしまったり

体幹部の不安定性から、骨盤周りのいろんな症状を招いたり

パフォーマンスの低下や、その他様々な症状につながる、、、というわけです

その大事な呼吸の横隔膜や大腰筋の動きの

わかりやすい動画を見つけたのでご紹介(*^_^*)

こういった動きを意識しながら

腹圧をかけて意識的に腹式呼吸をするようにしましょう♪

投稿者: 阪本整骨院

2017.06.15更新

「子供の手が抜ける」という話を聞いたことがあるお母さんは多いと思います

駄々をこねる子供へこっちに来なさい!、、、と

子供の手を引っ張った瞬間などになります

先日も手が抜ける事について質問を受けました

過去のブログに書いたものがあるので

そちらを引用しますので、参考にしてください(*^_^*)

 


 

さて、先日もわざわざ遠くから自転車で来られたお母さんがおられましたが

今回は子供の「手が抜ける」ことについて少しお話を

医学的には「肘内障(ちゅうないしょう)」と言います

学齢前の、主に2~4歳ごろの小児特有の障害で、

「こっちにおいで!」というような感じで手を強く引っ張ったりすると発生し

急に子供は肘の辺りの痛みを訴え泣きだします

だいたいのお子さんは下の写真のように

手のひらを下に向けて軽く肘を曲げたままあまり動かさなくなります

 肘内障

当院に来られた中では、変に寝返りした際になったというお子さんもおられました

その時どうなっているかというと、前腕には2本の骨がありますが

手のひらを上に向けた状態で、その外側の骨(橈骨)の一番上(橈骨頭)にある

輪ゴムのような靭帯(橈骨輪状靭帯)が、あるべき場所から逸脱してしまっている状態です

いわゆる「亜脱臼」ということになります

橈骨輪状靭帯 

また、何度も抜けるお子さんはおられますが、これは小児時には体、特に肘の関節が

まだ発育途中であるために起こるもので、、成長するに従って自然に抜けなくなります

ですから、よく言われる「脱臼はクセになる」というようなものではないので

心配はいりません(^_-)


もしも手が抜けたかな・・・?と思われたら

お近くのちゃんとした整骨院に行ってみてください

麻酔の注射などの処置は全く必要ないですし

軽いものならば、ものの3秒で治りますよ(^O^)/

<以上、過去ブログ「子供の手が抜けるって?」から引用>


 

 

なんか院の様子が古いですね(笑)

5・6年前のような気がするけど、それだけ歳をとったってことでもあるんですね・・・(゜o゜)

投稿者: 阪本整骨院

2017.06.06更新

妊娠、そして出産というものは女性の身体にすごく負担がかかるものです 

骨盤は書いて字のごとく、「盤」と書きますが一枚の板のようなものではなく

仙骨、腸骨、尾骨が組み合わさってできており、そこには多くの靱帯がついています

また、歩くことで骨盤は少し回旋して動きます

骨盤靭帯

妊娠中や産後にどのような骨盤の状態になるのかというと

妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンやリラキシンの関与で

徐々にゆるんで広がり、赤ちゃんが通る道を作ります

(ちょうど上の画像の文字の上の辺りが開いてきます)

そして産後、徐々に元に戻っていくわけですが

この戻る過程で歪んだ状態で元にもどってしまうと

腰やおしりの痛み、脚のしびれの原因になることがあります


また、出産に伴って骨盤底筋群が傷んだり、緩んでいることで

尿漏れしやすくなったり、、、

お風呂上りにお湯が垂れてきたり、、、

切れ痔になってしまったり、、、

それ以外にも、性交時の痛みの原因になったりも、、、(゜o゜)

そのため海外では理学療法士の方が

産前から産後まで骨盤のケアをされているところもあります


さておき

当院に来られる女性の方でも

「産後の腰痛がひどく、足までしびれてきた

整形外科でレントゲンを撮ったけど、何も異常はないと言われた・・・」

という方はやはり多いです


そういった方の身体をチェックをすると、骨盤が正しい状態ではなく

骨盤や股関節、脊柱の可動域が制限されて

身体の連動性が損なわれていたり

骨盤底筋群がうまく働いていないことがほとんどです

このような方には骨盤の正常な動きを確保するため

身体のバランスの調整、自宅での運動、日常生活動作の管理などで

改善することができます


こういった骨盤からくる症状は、妊婦さんに限るものではなく

老若男女にも関係なく出てくることがあります

前の日記、坐骨神経痛にもつながってくるところです

その内容や骨盤については下記を参照してください

坐骨神経痛は「症状」

骨盤について


普段のなにげない動作や姿勢、生活習慣からも影響を受けますので

日頃から気をつけて、身体のバランスを整えるために

ストレッチ、腹式呼吸などで予防することをおススメします

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.31更新

もう5月も終わりです

先日から会議続きで休診をいただき、ご迷惑をお掛けしておりました

 

さて、みなさん一度は聞いた事がある「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」という単語

けっこう勘違いされている方もおられますが

坐骨神経痛は「症状」であって「病気」ではありません

坐骨神経は人体で最も太い神経です

坐骨神経

(後ろから見た図で、一番太く光っているものが坐骨神経)

この神経がなんらかの刺激を受けて出る症状が「坐骨神経痛」と言われるものです

その症状として痛みやしびれ感、だるさなどで

ひどくなるとお尻~ふとももの裏だけではなく、ふくらはぎ~足先まで出てくることもあります


その原因となるもののひとつとして、梨状筋症候群があります

梨状筋はお尻の部分、骨盤(仙骨)から大腿骨にかけてついている筋肉です

(後ろから見た図、画像の黄色く光る部分)

坐骨神経3

この梨状筋の下を坐骨神経が通ります

梨状筋が過緊張を起こして坐骨神経を刺激することで

痛みがでるものを「梨状筋症候群」といいます

梨状筋が過緊張を起こす原因として

身体の使い方、身体の連動性低下、骨盤の変位などが考えられます


先日も同じような症状で腰、お尻、ふとももに痛みがあり

足に力が入らず、立てない、歩けないという50代女性の方が

傘を杖代わりにして来院されました

とある医療機関ではレントゲン検査ののちに

すべり症という診断をいただいたそうですが

すべり症は腰痛の原因にはなりません

過去の研究データなどで検証されており

また

「腰椎すべり症、分離症(初期の疲労骨折は除きます)、椎間板や軟骨の変性が痛みの原因となることはありません。」

と、はっきり言われている整形外科のドクターもおられます

 

さておき、先ほどの女性の患者さんがどうなったかというと

初診の日から4日間は毎日施術

5日目は歩いて電車に乗って仕事復帰

週が明けて一週間後、普通に歩く、痛みはほぼない状態に回復していただけています


また、痛み止めの薬について

坐骨神経痛にリリカは効かない?」という研究データもあるようです

個人的にリリカにはあまりいいイメージがありません(>_<)

服用されている方の改善は、様々な背景から割と時間がかかる印象なので、、、


さておき

正しい情報を知り正しく対処することが、早期改善への近道です

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.12更新

先日、ニュースを見ていると

X JAPANのYOSHIKIさんが首の手術をするそうで

X JAPANと言えば、私が中学時代にも聞いていました

いまだにiTunesには「紅」という曲だけ入っていたりして

年下で世代ではない家内が、紅を聴いてなぜか今になって

「これ、名曲やな・・・」と、ドンはまりしてるとか・・・(笑)

私自身、趣味でバンドをやっていたこともあるので食いついたこの話題

さておき、首~腰までは脊柱と呼ばれ、首7個、胸12個、腰5個の骨で構成されており

その骨と骨の間、椎間孔から各部への神経が出ています(黄色の線が神経)

脊柱、神経

身体は背骨だけではなく、全ての部分で連動して動きます

ここが機械ではなかなかマネできないところで

このために「局所」だけにフォーカスしてもダメだと考えています

事実、背中が曲がってしまっているご高齢の方でも、手足のしびれや痛みのない方もいますし

ヘルニアは全く痛みのない健常者でも30代で50%程度に見られるという報告もあります

神経を圧迫しているから、挟みこんでいるから、というのは、、、どうでしょうか?


とある整形外科の先生も、以下のようにブログに書かれています

「神経根を圧迫するとその神経に沿って痛みやしびれが生じる」という生理学は存在しません。

詳細は下記リンクからブログを参照

心療整形外科「X-JAPANのYOSHIKI 首の再手術」


この先生の過去ブログにも書かれていますが

筋肉や筋膜に原因があるものもあります


先月にみさせていただいたハンドボールをしている高校生

右手に力が入らない、しびれる

薬指、小指が冷たくなって血が通っていないような感覚

近隣の整形外科でレントゲンを撮っても異常はなく

大きい病院で血管の検査を受けたが、血管の通りが少し悪くなっているんだろう

と言われたけど対処はなく、、、というところで当院へ


各種検査、握力チェックなど左右差をみてみると

あきらかに右の方が張りが強く、いわゆる前腕コンパートメント症候群といわれるもの

筋肉、筋膜にアプローチ、連動性を上げる施術を3回でほぼしびれなどの症状は無くなり

目標にしていた4月末の試合に出場することができたという例もあります


なんにしても、無事に復活されることを心からお祈りする次第です

投稿者: 阪本整骨院

前へ

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付