四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2017.05.31更新

もう5月も終わりです

先日から会議続きで休診をいただき、ご迷惑をお掛けしておりました

 

さて、みなさん一度は聞いた事がある「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」という単語

けっこう勘違いされている方もおられますが

坐骨神経痛は「症状」であって「病気」ではありません

坐骨神経は人体で最も太い神経です

坐骨神経

(後ろから見た図で、一番太く光っているものが坐骨神経)

この神経がなんらかの刺激を受けて出る症状が「坐骨神経痛」と言われるものです

その症状として痛みやしびれ感、だるさなどで

ひどくなるとお尻~ふとももの裏だけではなく、ふくらはぎ~足先まで出てくることもあります


その原因となるもののひとつとして、梨状筋症候群があります

梨状筋はお尻の部分、骨盤(仙骨)から大腿骨にかけてついている筋肉です

(後ろから見た図、画像の黄色く光る部分)

坐骨神経3

この梨状筋の下を坐骨神経が通ります

梨状筋が過緊張を起こして坐骨神経を刺激することで

痛みがでるものを「梨状筋症候群」といいます

梨状筋が過緊張を起こす原因として

身体の使い方、身体の連動性低下、骨盤の変位などが考えられます


先日も同じような症状で腰、お尻、ふとももに痛みがあり

足に力が入らず、立てない、歩けないという50代女性の方が

傘を杖代わりにして来院されました

とある医療機関ではレントゲン検査ののちに

すべり症という診断をいただいたそうですが

すべり症は腰痛の原因にはなりません

過去の研究データなどで検証されており

また

「腰椎すべり症、分離症(初期の疲労骨折は除きます)、椎間板や軟骨の変性が痛みの原因となることはありません。」

と、はっきり言われている整形外科のドクターもおられます

 

さておき、先ほどの女性の患者さんがどうなったかというと

初診の日から4日間は毎日施術

5日目は歩いて電車に乗って仕事復帰

週が明けて一週間後、普通に歩く、痛みはほぼない状態に回復していただけています


また、痛み止めの薬について

坐骨神経痛にリリカは効かない?」という研究データもあるようです

個人的にリリカにはあまりいいイメージがありません(>_<)

服用されている方の改善は、様々な背景から割と時間がかかる印象なので、、、


さておき

正しい情報を知り正しく対処することが、早期改善への近道です

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.12更新

先日、ニュースを見ていると

X JAPANのYOSHIKIさんが首の手術をするそうで

X JAPANと言えば、私が中学時代にも聞いていました

いまだにiTunesには「紅」という曲だけ入っていたりして

年下で世代ではない家内が、紅を聴いてなぜか今になって

「これ、名曲やな・・・」と、ドンはまりしてるとか・・・(笑)

私自身、趣味でバンドをやっていたこともあるので食いついたこの話題

さておき、首~腰までは脊柱と呼ばれ、首7個、胸12個、腰5個の骨で構成されており

その骨と骨の間、椎間孔から各部への神経が出ています(黄色の線が神経)

脊柱、神経

身体は背骨だけではなく、全ての部分で連動して動きます

ここが機械ではなかなかマネできないところで

このために「局所」だけにフォーカスしてもダメだと考えています

事実、背中が曲がってしまっているご高齢の方でも、手足のしびれや痛みのない方もいますし

ヘルニアは全く痛みのない健常者でも30代で50%程度に見られるという報告もあります

神経を圧迫しているから、挟みこんでいるから、というのは、、、どうでしょうか?


とある整形外科の先生も、以下のようにブログに書かれています

「神経根を圧迫するとその神経に沿って痛みやしびれが生じる」という生理学は存在しません。

詳細は下記リンクからブログを参照

心療整形外科「X-JAPANのYOSHIKI 首の再手術」


この先生の過去ブログにも書かれていますが

筋肉や筋膜に原因があるものもあります


先月にみさせていただいたハンドボールをしている高校生

右手に力が入らない、しびれる

薬指、小指が冷たくなって血が通っていないような感覚

近隣の整形外科でレントゲンを撮っても異常はなく

大きい病院で血管の検査を受けたが、血管の通りが少し悪くなっているんだろう

と言われたけど対処はなく、、、というところで当院へ


各種検査、握力チェックなど左右差をみてみると

あきらかに右の方が張りが強く、いわゆる前腕コンパートメント症候群といわれるもの

筋肉、筋膜にアプローチ、連動性を上げる施術を3回でほぼしびれなどの症状は無くなり

目標にしていた4月末の試合に出場することができたという例もあります


なんにしても、無事に復活されることを心からお祈りする次第です

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.09更新

ゴールデンウィークも終わり、暑くなってきました

最近いい季節というのが年々短くなっている気がします

 

さて先日、当院の患者さんの紹介で来院された50代男性

4月頭にテニスをしている時につまづいて足部を捻挫して

整形外科を含め、他院を数件通ったがあまり経過が良くない

歩くと痛みがあり、足がよくつるようになりテニスが出来ない

ということで来院されました

 

問診、検査などをさせていただき

今の状態、問題について説明させていただきました

特にこの方の場合、糖尿病の既往があるということについても

説明させていただきました

持病に糖尿病がある場合、代謝異常や血流不全を起こして

傷ついた細胞へ治すための「栄養」を送ることができにくくなることで

ケガの治りは遅くなります(゜o゜)

このような場合には、患部のケアと同時に糖尿病の管理は必須になるので

そこに関しては患者さんご自身で意識的にしていただく必要もあります

 

さておき

問題のあった足部のリスフラン関節部にアプローチ

リスフラン・ショパール関節

腓骨、腓骨筋、足底部にアプローチ

温熱、微弱電流治療機でのアプローチ

足のアーチ調節をさせていただきました


その後、翌日テニスをしたところ痛みは出なかったというご報告をいただけました

この方だけではなく、足の捻挫で悩まされている人は少なくないです

軽く考えてほったらかしにしていたり

痛みがなくなったから途中で治療をやめてしまうことで

身体の他の部分への影響が出ている事もあります

足の捻挫はしっかり治すことをおすすめします

痛みがある部分をマッサージするだけで治るわけありませんね・・・(^_^;)

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付