四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2015.12.22更新

先週の木曜・金曜と体調不良のため、休診させていただいておりました

 

ご来院いただいた皆様、申し訳ありませんでした(T_T)

 

体調管理は基本

 

まだまだ修行が足りん!・・・です

 

 

さて、腰痛の方や骨盤の安定化についてご指導させていただくとき

 

「呼吸の重要性」についてお話させていただきます

 

無意識で行っているこの「呼吸」

 

に酸素を取り入れ

 

二酸化炭素を吐き出すという

 

生命を維持するため絶対に必要なものですが

 

実は体の痛みなどにかなり関わりがあります

 

また、スポーツをする上でも重要になるということは

 

深く説明をせずとも、なんとな~くわかっていただけるかと思います

 

この「呼吸」をおろそかにすると、体の各所に不調をきたします

 

 

当院では、呼吸のチェックをするときに

 

コレを使います

 

ふうせん

 

ふうせんです(笑)

 

呼吸のチェックに加え、PRIのアプローチの一貫としてふくらませてもらいます

 

 

なんだそりゃ・・・と思った方は多いと思います

 

が、このふうせんをふくらますことすら出来ない方がいるんです!

 

 

それも、全国クラスのマーチング部で楽器を吹いている女の子や

 

ハンドボール部でバリバリやっている男の子などなど

 

 

呼吸を安定させ腹圧を高めなければ、他の部分に負荷がかかり

 

体を痛める原因になります

 

加えて、いいパフォーマンスはできません

 

「横隔膜」がとても重要です

投稿者: 阪本整骨院

2015.12.15更新

先週から今週にかけてぎっくり腰の患者さんが

 

数名続けて来院されていました(>_<)

 

ドイツ語では「Hexenschuss(魔女の一撃)」とも言われています

 

ぎっくり腰

 

幸い私はまだなった事はないんですが

 

このぎっくり腰、季節の変わり目に多くみられます

 

その理由の一つとして

 

交感神経・副交感神経の優位性の変化があります

 

 

人間の体は一定の体温を保つことで、健康のための様々な機能の恒常性を保っています

 

ご存知の通り、低体温では凍死してしまいますし

 

逆に暑くなり、体温が上がりすぎると熱中症などで死んでしまいます

 

そのため人間は体内をいつも最適な状態に保っていますが

 

そのコントロールしているのが、交感神経・副交感神経です

 

 

季節は移り変わるにつれ、気温は変化していきます

 

人間はその気温の変化に合わせて、体内を最適な状態に保つために

 

体の活性度を変えています

 

 

ようするに

 

寒くなれば体の内部燃焼を増やすことで

 

暑くなれば体の内部燃焼を減らすことで

 

体内を一定の状態に保とうとするわけです

 

その調節が移り変わるのが、寒暖差の大きな季節

 

そう、春と秋になります

 

動物で言う、毛の生え変わる時期ってとこでしょうか

 

 

この時期は季節に順応していく過程で

 

目には見えない負担が体にかかっているのでしょう

 

重い荷物を持ったり、普段から腰にストレスを溜めている人は

 

ギクッとならないように注意して過ごすようにしてください

 

 

ちなみに腰痛については以前にも

 

「ぎっくり腰は『安静にする』というのは昔の話で

 

今は「動ける範囲で動く」というのが世界的な腰痛の基準であり

 

心理的要因や脳の影響があったりします」

 

・・・と、ブログに書きましたが

http://www.sakamoto-jt-clinic.com/blog/2015/11/post-8-160302.html

 

補足説明でもう一つ記事をご紹介を☆

 

 

「腰痛の最新の常識! 8割以上が経験する“過度な休息”は逆効果」

http://healthpress.jp/2015/12/8-3.html

 

前のブログに書いたことを、もう少し詳しく書かれています

 

この記事のポイントは4つ

 

・腰痛は特別なことではない

 

・画像所見はあまりあてにならない

 

・手術が必要なケースは多くない

 

・過度な休息は逆効果

 

 

まだまだ昔の常識にとらわれている方が多いので

 

ぜひご一読ください☆

投稿者: 阪本整骨院

2015.12.09更新

日が短くなってきましたね

 

もう今年もあと少しですが、今年中にやることはまだ山積み!(゜o゜)

 

今年中に終わらせるよう頑張らねば・・・!

 

 

さて、先週から鼠径部の痛みを訴えて来院された方が何名か続きました

 

歩くと痛い、ゴルフをしてから痛い・・・などなどの症状

 

鼠径部とは脚の付け根の辺り、写真のオレンジの丸のところです

 

鼠径部

 

この痛み、人によっては股関節が痛いと表現する方もおられますが

 

レントゲンや各種検査で股関節の中の器質的な部分(軟骨や関節唇、骨そのもの)に問題がない場合

 

その原因は骨盤とおなか周りにあることが多いです

 

施術するにあたっては、そこだけを診るわけではありませんが

 

たいてい骨盤の動きが悪く、歪んだりつまった状態になってしまっています

 

 

・・・じゃあなぜ、そのように骨盤が歪んでくるのか?

 

ということが根本の問題になってくるのですが

 

それは体の連動性が関連していて、書きだすとキリがないのでここでは省きます(^_^;)

 

まあ、簡単に言うと人それぞれで生活習慣や仕事、スポーツなどで

 

まちまちで一概には言えず、原因は様々あるということですね

 

 

でもこの症状は比較的女性の方が多い気がします

 

そこには骨盤の形の性差や、出産、筋肉量の違いなどが関係していると思われますが

 

女性の場合、このような骨盤の歪みは生理痛にも影響を及ぼします

 

 

また、サッカー選手など走るスポーツをする人にもよく見られる症状で

 

これを「鼡径部痛症候群」といいます

 

 

脚の付け根の辺りが痛いという方は、股関節や骨盤の状態を

 

自分でとりあえず簡単にチェック!

 

写真のように脚を反対の膝の上に乗せて開いてみましょう

 

パトリック 

 

この女性は右の股関節の痛みと右腰の違和感を訴えておられました

 

明らかに右脚の開きが悪く、ひっかかっているのがわかると思います

 

まだこの程度なら全然ましな方ですが

 

まずはこの骨盤に施術を

 

ほんの10秒程の施術

 

そしてもう一度チェック

 

パトリック後

 

開いているのがわかります

 

もちろん骨盤以外にもアプローチはしますが

 

ほんの少し施術をするだけで

 

つまっていた骨盤をリセットすることで関節の可動域が広がり

 

もみもみ脚をマッサージなんてしなくても

 

筋肉の緊張が緩んで痛みや違和感も軽減されます

 

 

鼠径部の痛みや違和感がある方は、まず脚を組むチェックを

 

もしも異常がある場合には、ちゃんと専門家の治療を受けるようにしましょう

投稿者: 阪本整骨院

2015.12.04更新

レントゲンなどの検査をしても、なんともないけど腰が痛い・・・

 

という慢性的な腰痛の方は、おおよその方が良い呼吸が出来ていないことがほとんどで

 

良い呼吸ができていない、、、

 

ということは、横隔膜や骨盤底筋、腹横筋などをきちんと使えていないということで

 

横隔膜や骨盤底筋、腹横筋などをきちんと使えていない、、、

 

ということは、腹圧の管理、調節がうまく出来ていないということで

 

腹圧の管理、調整がうまくできていない、、、

 

ということは、体幹部(腰回り)の不安定化に繋がり

 

ぽよ~んとした締まりのないお腹周りや

 

腰痛の原因になります

 

また、女性であれば生理痛の原因にもなります

 

だから「腹圧」の管理というものはとても重要になってきます

 

 

ということは・・・

 

慢性的な腰痛を改善しようとなると

 

マッサージを受けているだけでは当然治らないのはわかりますよね?(>_<)

(リラグゼーション的な効果はあるかもしれませんが)

 

 

 

さておき

 

反った腰やヘルニアなどの機能的・器質的な問題も

 

腰痛のマネジメントでは確かに大事ですが

 

「腹圧」がより重要な項目になってきます

 

 

機能的・器質的な問題は

 

腰部の安定を正常な体の働き(腹圧)で保つのではなく

 

無理に腰の筋肉や不良姿勢で保とうとして負荷が加わった結果

 

代償として2次的に起こっているものだからです

 

 

ちなみに「30代でも52%の人はすでに椎間板の変性がある」というデータもあるようです

 

それでも腰痛のある人、ない人がいる現実・・・

 

ということは

 

椎間板は腰痛には「あまり関係ない」ということですね

 

 

さて

 

昨日3ヶ月ぶりに腰のメンテナンスに来られた男性の患者さん

 

この方もヘルニアと診断され、日常生活ではかなりの痛みがあり

 

デスクワークの仕事も困るほどの方でしたが

 

今では趣味のサーフィンも出来るほど状態も良くなっていただけています☆ 

 

 

目指すはトキ!伝承者への道はまだまだ遠い・・・

トキ

 

 

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付