四代目、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2018.12.04更新

12月なのに変に暖かいですね

今日は昼から嵐になるという話でしたが、まだ晴れていますね

 

さて、先日から中学生で水泳をしている男の子

ジュニアオリンピックにも出場した経験のある彼が

膝を痛めて来院していました

症状としては膝の外側に痛みを訴えていたんですが、いわゆる腸脛靱帯炎の症状でした

腸脛靱帯炎はランニングなど、膝の屈伸運動を繰り返すことで

腸脛靱帯が大腿骨外顆とこすれて炎症を起こし、痛みが現れると言われています

しかし近年はその摩擦は起きにくいことが指摘され

腸脛靱帯が大腿骨外側上顆との間にある血管や神経を含む脂肪組織を圧迫することで

炎症が生じると言われています

この症状が特に多いのは

マラソンなどの長距離ランナーやバスケットボール

水泳、自転車、バレエなどをしている人にみられます

 

で、水泳をしている彼は平泳ぎの練習を今は主にしているということだったので

平泳ぎの動作に問題があると考えていました

でもよくよく聞いてみると、スイミングスクールの筋トレ指導で

スクワットをやっていること、そのスクワットのやり方がまずいことが判明

 

まず、スクワット動作が悪いことで

膝の外側への負荷が大きくなっていること(過負荷)

スクワットの回数が多いことで

身体にあった負荷量の調節ができていない(オーバーワーク)

という状態

 

そこで徒手施術、微弱電流での治療に加えて

幸いテスト期間でもあったので、練習を休む

スクワットの見直しという負荷の調整をすることができ

早期復帰できました

 

基礎的な筋力はもちろん大事ですが

水泳選手がジョギングなどのトレーニングはしないように

競技特性に見合ったトレーニングや

普通の人がいきなり100キロのバーベルを上げると怪我するように

負荷の調節は怪我の予防、身体のメンテナンスをする上でとても重要です!

修行

投稿者: 阪本整骨院

2018.10.09更新

だんだんと朝晩は涼しくなってきましたけど

お昼はまだまだ暑いですね

この連休中は地元はだんじり祭りで、そのお手伝いもさせて頂きました

肩の脱臼を入れたりもありましたが、それ以外には大きな怪我もなく無事に終えられて

いい祭りになって良かったです(>_<)

だんじり2018

※ この中のどこかに私がいます!(^^)

 

さて

祭りでご一緒させて頂いた人の中の1人に

バスケをする女子中学生がいました

走ると膝が痛い、ということで某大病院で検査をしたところ

膝の棚障害だと言われた(診断された)とのこと

じゃあ、それでどうしたかと言えば

手術もなく、薬もなくなんの処置もなく終わってしまった

今もバスケをしているけど、プレーすると痛みが出てくるとのこと、、、

 

膝の棚障害とは

膝関節の関節包にあるひだ状の部分(滑膜ヒダ)の内側が棚のようにみえるので、棚と言われます

この棚がスポーツや膝のケガが原因となって、膝の屈伸時に膝のお皿の骨と大腿骨の間に挟まったり

して炎症を起こし、痛みがでるものです

 

実際少し見させて頂きましたが、膝を曲げ伸ばしした時の

典型的な「パキッ」とかいう音もなく、完全に曲げ伸ばしできましたし

内側に引っかかり感や違和感もなく、

ただ痛みが内側やお皿の下の部分にあるということ

棚障害なのかどうか、疑問符がついちゃいました

 

歩行動作を見てみると、痛みのある膝に負荷のかかる歩き方をしていました

おそらくその負荷を軽減すれば運動時痛はなくなるはずと感じました

確かに重大な疾患のスクリーニングにMRIなどの検査は大事ですが

身体にかかる負荷(運動連鎖や身体の使い方)も考慮に入れないと

痛みの本当の原因にはたどり着けないんじゃないのかなー?

と、改めて思った今年の祭りでした

投稿者: 阪本整骨院

2018.09.25更新

秋の気配を感じる気温になってきました

秋の訪れは暑がりの私にとってはありがたいですが

部活をしている子達にとっては、とっても切ない引退の時期でもあります

 

ひとつのことに没頭して

脇目も振らずに練習して

みんなでひとつの目標に向かってひた走る・・・

ん~・・・青春ですね~!!!(>_<)

自分にもそんな頃はあったのか!?

という歳になってしまいましたが(笑)

 

さて

某高校でバレーボールをしている

高校3年生でアタッカーの彼女もまたその1人

アタック

最後の公式戦の1週間前に肩を痛めて

アタックを打つのが難しいとのこと

「最後なんで悔いの無いように試合をしたいです!」

その思いをなんとかしてあげたい・・・

そう思わなければ医療人じゃないですよね!?(>_<)

 

気合いを入れての施術と運動指導!(※この子だけじゃなく、いつもやってます!)

そして週が明けて今日・・・ 

「優勝はできなかったけど、全員が全力でプレーできて、

今までで一番良い試合ができました!

肩の調子とっても良かったです!

ありがとうございました(^^)」

とLINEで報告をいただきました

 

有終の美は飾ることは出来なかったかもしれないけど

悔いなく試合に臨むお手伝いができて

こういった言葉が何よりも、、、(T_T)

この仕事をしてて良かった、、、と思える瞬間です

投稿者: 阪本整骨院

2018.06.04更新

かなり長い期間、放置しちゃったブログ、、、

ほんとマメに更新する人を尊敬します・・・(>_<)

 

先日、尊敬する治療家の先生から、自分の患者の友人を紹介するとご連絡が

患者さんからご紹介いただくことはたまにあるのですが、その先生からの紹介ということで

恐れ多いやら、その先生の顔に泥を塗らないようにしっかり治さないと!と緊張するやら・・・(;一_一)

 

数日後、その患者さんが遠路はるばる電車で来院されました

訴えとしては左脚のしびれ、お尻側の両足の付け根の痛みで

お医者さんには検査ののちに「ヘルニアですね。手術しましょうか?」とあっさり言われたが

「いやいや、ちょっと待って(汗)そんな簡単なもんなの?」と感じて友人に相談したところ

治療家の先生を紹介される → その先生に私を紹介された、、、とのこと

 腰痛ピクトグラム

問診表に記入いただき、さらに詳しく問診や徒手検査を進めていきます

SLR、パトリック、ニュートン、アダクションドロップなどの各種徒手テスト

筋力テストに加えて触診も行います

テストと詳しい問診の結果、、、問題なく治ると思ったので

今の状態やしびれの原因として考えられること、施術について説明をさせていただき

施術を行うこと数回、、、

しびれは軽減し、痛みで歩けなかったのがショッピングモールを普通に歩けるように

長時間立っていることもできるようになっていただけました

 

さてここで、、、

「ヘルニアなのに???」と思われた方は多いのではないでしょうか

腰痛の原因と思われているヘルニアですが、実はあまり関係がないことが海外での研究結果から分かっています

一例として

・健常者でも椎間板ヘルニアは76%、椎間板変性は85%ある 1995年

(痛みを訴えるヘルニア患者と健常者を同じ人数でMRIで比較した結果)

・椎間板変性と腰痛は関連なし 1997年

(さまざまな職業の男性149名対象にMRIで一年間追跡調査の結果)

 

ようするに、

加齢に伴って誰でも椎間板はひしゃげたり変性し、ヘルニアになることもあるが

それが元で「痛み」の原因にはなっていない

ということです

実際、ヘルニアの手術をしても痛みが取れない方もいます

言い換えれば

それ以外に原因があって、痛みが出ているということ

原因を見極めて、そこにきちんと正しくアプローチすれば治すことができます

(排尿障害などレッドフラッグがあるものは即手術などの対応になりますが)

しびれに関しても「しびれるから神経に問題がある」というのは

少し早とちりでは・・・?と思います

正座をし続けるような、ずっと圧迫されたような状態が続くと「しびれ」を感じますよね?

 

先日ツイッターでもつぶやきましたが、慢性腰痛に関することも

NHKで取り上げられ、ようやく最近になって理解が進んできたように感じます

 

さて、もう一度さっきの患者さんに話を戻して

この患者さんはヘルニアではなく筋・筋膜性疼痛による痛み

しびれはその他の既往歴からくるもので、対処可能なものでした

この方のように、筋・筋膜性疼痛が原因で痛みを訴える方はとても多いです

もしあのまま手術をしていたら、、、?なんて

その患者さんとはもう、笑い話になっています

投稿者: 阪本整骨院

2018.02.06更新

先週の土曜日は子供の生活発表会ということで、前もって休診のお知らせさせていただいていたところ

前日の夜からインフルエンザでダウン、、、(T_T)

今年の発表会は欠席となりました、、、


そんな土曜日でしたが、日曜に試合を控えたサッカー部の中学生を

時間外でみさせていただく約束をしていたので、施術をしていたところへ電話が

「子供が脱臼したみたいでみてもらえますか?」とのこと

すぐに来てもらうようにお願いしました


え?脱臼とか治せるの??と、思ったそこのアナタ!

接骨院・整骨院のことを「マッサージ屋さん」や「整体屋さん」と

勘違いされている方もいますが、全然違います(>_<)

接骨院・整骨院は「骨折・脱臼・捻挫・挫傷(肉離れ)」を治すところです

病院などで診断書をもらったことがある方はわかると思いますが

腰をいためたものは「腰部捻挫」となります

また、接骨院・整骨院の先生の資格は「柔道整復師」というものです

詳しくはこちらから → 柔道整復師って?


さておき、さきほどの「脱臼した」というお子さん

来た時の様子は、、、

肘内障2

このように痛い方の腕を持ってやってきました

触診してみさせていただいたところ、肘の靭帯が逸脱した「肘内障」というものでした

症状や病態については、昔のブログで書いていますのでそちらを参照してください

→ 子供の手が抜けるって?


この肘内障、軽いものはすぐに、ものの3秒で治ります

このお子さんもすぐ腕を動かしているのを見て

ご両親がビックリされていましたよ(^_^)

投稿者: 阪本整骨院

2018.01.25更新

昨年の春からサッカーでスカウトを受けて

地方の高校サッカーの強豪校へ進学した患者さんが

今日、久しぶりに来院されました(*^_^*)

平日なので余計にビックリしていると

なんでもインフルエンザと診断を受けて

強制的に寮から一時帰宅させられたということ(>_<)

それでうちに来るのもどうなのよ?と思いましたが・・・(笑)

 

中学時代に身体のメンテナンスさせていただき

「頑張りや!」と、送り出してからしばらくした頃

お父さんから「足首の骨折したみたいで、どう対処したらいいか?」という相談も受けていました

 

みさせていただいたところROM制限、下腿の筋緊張などの所見

よくよく話を聞いてみると

しっかりとしたリハビリはしていないということ

今の時期はインターバル走など、走るトレーニング中心だけど

ずっと走っているうちにターンしたりすると骨折した側の脚に

だんだん力が入りにくくなってくる、、、

そりゃそーなるわーーー、と(>_<)


骨折は「骨がくっついたら治った」というものではありません!

むしろそこからが「スタート」です(>_<)

特にスポーツをしている人!!!


今回のケースでは

・足首の関節可動域が正常に戻っていない

・しばらく休んでいる間に、筋力が低下したままもどせていない

単純にはこれらが考えられます


その状態で元のハードな練習に戻ればどうなるか・・・?

だいたい想像できるはずです

最悪の場合には、足首をかばって動くことで

・他の部分の負荷が増えて傷める

・動作パターンが変わって、パフォーマンスが落ちる

こともあります

 

こうなるとレギュラーを守る事や、その座は遠のいてしまいます、、、

焦らず、しっかり治すことは非常ーーーーーに、大切です!!!

足首

投稿者: 阪本整骨院

2017.08.31更新

トンボが飛んでいるのを見かけると

夏の終わり、秋の足音を少しずつ感じます(*^_^*)

そういえば、うちのカブトムシも天国に召されていきました・・・(T_T)

 

さて

先日来院された患者さん

「人差し指が曲げ伸ばしをすると、痛みがあって

完全にグーの状態にできず、チョキで中指と離す動作もあまりできないんです」

問診をすすめていくと、数ヶ月前に指を突いた出来事があり

その時に整形外科でレントゲンを撮ってもらった結果

「骨に異常はなし」と言われたので「そのままにしておけば治るだろう」と考えて

ほったらかしにしていたけども、全然よくならない・・・というものでした


触って検査をしてみると、左右差は明らかにあって

筋肉や腱の部分が肥厚し、組織が癒着を起こしている模様

そのために滑走不全が起こり、ちゃんと指の曲げ伸ばしができなくなり

痛みが残っている状態に陥っていました

 

そこでターゲットの筋肉や腱に電気治療、リリースを行うと

ちゃんとグーができなかったものが、左右差は軽減しできるようになり

痛みは半減しました(*^_^*)

その後の経過は週に1回程度の通院、三度目の施術で痛みもなくなり

無事に当院をご卒業の運びになりました

 

レントゲンでは骨に異常があるかないかはわかりますが

筋肉や腱などの異常はわかりません

たとえ骨に異常がなくてもこのように

筋肉や腱、靭帯などの軟部組織を傷めてしまった場合に

ほったらかしにしていたり、きちんとした初期対応や処置を怠ると

いつまでも治らない、痛みが長引くなどの原因になります

足の捻挫しかり、身体のどの部分の怪我でもですが

特に手指の部分は細かい筋肉や腱があるため

癒着などに気をつけなければ、指の可動域制限の原因になります

手のひら

ちなみに子の患者さん、お名前を見てもしや・・・と思って、お聞きしたところ

小学校時代の同級生のお母さんと聞いてビックリ(>_<)

投稿者: 阪本整骨院

2017.07.26更新

しばらく更新していないうちに

あっっ、、、という間に7月も末に、、、

梅雨も明けました!

日差しがキツくて暑い日々が続きそうです、、、

 

さて、少し前に来院された中学生の男子

バスケをしていて人の足の上に乗って負傷したとのこと

これを聞くと私と同世代の人は、漫画スラムダンクのこのシーンを

思い出す人も多いのではないでしょうか?(笑)

ゴリ捻挫

 そう、海南戦でゴリが牧の足の上に乗るシーンですねー(*^_^*)

この漫画は名台詞も多く、今だに読んでも泣ける漫画のひとつですね


スラムダンクはさておき

その中学生の子は日曜日だったので、救急外来で検査をして

幸い骨に異常はなかったようですが

シャーレ固定をして、松葉杖をついて月曜日に当院へ

言われたのは

「次の日曜に試合に出たいので何とかして欲しい(>_<)」


とにかくまずは足首の状態をチェックをしないと始まらないので

包帯をほどきシャーレをはずしてから

ストレステスト、可動域、腫れの具合、痛めている所を確認

損傷の程度を把握したところで

微弱電流での治療、関節の整復、関節運動などで施術

テーピングと包帯だけで圧迫メインの固定

するとシャーレ固定、松葉杖で来た彼が、杖なしで歩いて帰れるように

試合に間に合わせることを約束、継続して施術することと

日常生活での注意点ややるべきことを指示しました

この日に写真を撮り忘れてしまいましたが

その次の日が上の写真、治療を続けていったあとが下の写真

捻挫比較

3日目はまだ腫れて、皮下出血も残り全体的にむくみがあります

この7日目にあたる日は練習試合

少し腫れは残りますが、ジャンプは痛みがなく出来るほどに回復

 

テーピング固定で練習試合、次の日の試合も問題なく出場

そして試合の次の日、怪我から9日目には

捻挫9日目

ほとんど皮下出血も消え、腫れもほぼ失くなりました

これを初めの様に固定したままだったらどうなっていたか・・・?

おそらく試合には間に合わず、それどころか筋力も低下して

その他にも様々な弊害が出てきて

その後の復帰まで時間がかかる事になっていたと思います


ケガをしたらなんでも安静に!、、、というのは少し違います

正しく対処、ケガの管理をしっかりすることで

早く治すことができます(*^_^*)

参考過去ブログ 安静と固定・早期改善の関係

投稿者: 阪本整骨院

2017.06.15更新

「子供の手が抜ける」という話を聞いたことがあるお母さんは多いと思います

駄々をこねる子供へこっちに来なさい!、、、と

子供の手を引っ張った瞬間などになります

先日も手が抜ける事について質問を受けました

過去のブログに書いたものがあるので

そちらを引用しますので、参考にしてください(*^_^*)

 


 

さて、先日もわざわざ遠くから自転車で来られたお母さんがおられましたが

今回は子供の「手が抜ける」ことについて少しお話を

医学的には「肘内障(ちゅうないしょう)」と言います

学齢前の、主に2~4歳ごろの小児特有の障害で、

「こっちにおいで!」というような感じで手を強く引っ張ったりすると発生し

急に子供は肘の辺りの痛みを訴え泣きだします

だいたいのお子さんは下の写真のように

手のひらを下に向けて軽く肘を曲げたままあまり動かさなくなります

 肘内障

当院に来られた中では、変に寝返りした際になったというお子さんもおられました

その時どうなっているかというと、前腕には2本の骨がありますが

手のひらを上に向けた状態で、その外側の骨(橈骨)の一番上(橈骨頭)にある

輪ゴムのような靭帯(橈骨輪状靭帯)が、あるべき場所から逸脱してしまっている状態です

いわゆる「亜脱臼」ということになります

橈骨輪状靭帯 

また、何度も抜けるお子さんはおられますが、これは小児時には体、特に肘の関節が

まだ発育途中であるために起こるもので、、成長するに従って自然に抜けなくなります

ですから、よく言われる「脱臼はクセになる」というようなものではないので

心配はいりません(^_-)


もしも手が抜けたかな・・・?と思われたら

お近くのちゃんとした整骨院に行ってみてください

麻酔の注射などの処置は全く必要ないですし

軽いものならば、ものの3秒で治りますよ(^O^)/

<以上、過去ブログ「子供の手が抜けるって?」から引用>


 

 

なんか院の様子が古いですね(笑)

5・6年前のような気がするけど、それだけ歳をとったってことでもあるんですね・・・(゜o゜)

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.31更新

もう5月も終わりです

先日から会議続きで休診をいただき、ご迷惑をお掛けしておりました

 

さて、みなさん一度は聞いた事がある「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」という単語

けっこう勘違いされている方もおられますが

坐骨神経痛は「症状」であって「病気」ではありません

坐骨神経は人体で最も太い神経です

坐骨神経

(後ろから見た図で、一番太く光っているものが坐骨神経)

この神経がなんらかの刺激を受けて出る症状が「坐骨神経痛」と言われるものです

その症状として痛みやしびれ感、だるさなどで

ひどくなるとお尻~ふとももの裏だけではなく、ふくらはぎ~足先まで出てくることもあります


その原因となるもののひとつとして、梨状筋症候群があります

梨状筋はお尻の部分、骨盤(仙骨)から大腿骨にかけてついている筋肉です

(後ろから見た図、画像の黄色く光る部分)

坐骨神経3

この梨状筋の下を坐骨神経が通ります

梨状筋が過緊張を起こして坐骨神経を刺激することで

痛みがでるものを「梨状筋症候群」といいます

梨状筋が過緊張を起こす原因として

身体の使い方、身体の連動性低下、骨盤の変位などが考えられます


先日も同じような症状で腰、お尻、ふとももに痛みがあり

足に力が入らず、立てない、歩けないという50代女性の方が

傘を杖代わりにして来院されました

とある医療機関ではレントゲン検査ののちに

すべり症という診断をいただいたそうですが

すべり症は腰痛の原因にはなりません

過去の研究データなどで検証されており

また

「腰椎すべり症、分離症(初期の疲労骨折は除きます)、椎間板や軟骨の変性が痛みの原因となることはありません。」

と、はっきり言われている整形外科のドクターもおられます

 

さておき、先ほどの女性の患者さんがどうなったかというと

初診の日から4日間は毎日施術

5日目は歩いて電車に乗って仕事復帰

週が明けて一週間後、普通に歩く、痛みはほぼない状態に回復していただけています


また、痛み止めの薬について

坐骨神経痛にリリカは効かない?」という研究データもあるようです

個人的にリリカにはあまりいいイメージがありません(>_<)

服用されている方の改善は、様々な背景から割と時間がかかる印象なので、、、


さておき

正しい情報を知り正しく対処することが、早期改善への近道です

投稿者: 阪本整骨院

前へ

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付