四代目、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2018.10.29更新

患者さんにたまに聞く話のひとつに

3分間の話があります

 

3分間と言うと

カップラーメンにお湯を入れてから食すまでの時間

ウルトラマンの地球での活動限界時間

キューピー3分クッキング

などが有名所ですね~(*^_^*)

 

では

患者さんからたまに聞く「3分間」ってなんの3分間かわかるでしょうか・・・?

それは、、、

ウルトラマン

 

 

診察時間です

病院に行って受付をして

レントゲンなどの検査をして

長時間待っても先生と話してるのはだいたい「3分間」くらい、だと

 

友人でも医師がいるので、先生方が大変なのはよくわかっているつもりです

しかし検査結果以外に、3分間で得られる情報ってどれくらいあるでしょうか?

 

最近、よく言われる言葉に「EBM」というものがあります

Evidence Based Medicine(根拠に基づく医療)の頭文字でEBMです

その目的は最新の臨床研究に基づいて、統計学的に有効性が証明された治療をすることで

より効果的な質の高い医療を提供することです

しかし

逆の見方をすれば、統計学的に有効というデータに基づくということは

全ての患者さんに有効ではないとも言えます

実際、有効率は60~90%とされていて

有効ではない患者が40~10%ほどいることに、、、

ということは、治らない患者さんがそれだけいることになります

 

そこで

EBMを実践してきた英国の医師が提唱したのが「NBM」です

Narrative Based Medicine(物語に基づいた医療)の頭文字でNBMです

対話を通じて病気になった理由や経緯、今どのように考えているかなどの「物語」から

病気の背景や人間関係を理解し、患者の抱えている問題に対して

全人的(身体的、精神・心理的、社会的)にアプローチしていこうとする臨床手法のことです

患者との対話と信頼関係を重視し、EBMとお互いに補完しあうものと期待されています

 

このNBMって

じつは私たち整骨院の先生(柔道整復師)がずっと前からしていることで

患者さんの日常生活動作であったり

スポーツをしているのであれば、その競技特性であったり

家族構成、心理的なもの、背景はどうかなど

これらはレントゲンなどの検査結果では得られない情報で

そこにとても重要な情報が隠れていることもしばしばです

だからこそしっかりと時間をかけて問診・対話をすることが

ちゃんと治すためには必要だと常々考えています

 

でも3分間でこれを行うのはとても無理な話ではないでしょうか?

病院などともっと連携してお互いに補完し合えれば

もっといい医療の形ができるんじゃないかなー?

と考えています

投稿者: 阪本整骨院

2018.10.19更新

来院される方は身体のあちこちに痛みやしびれを訴えられます

当たり前のことですが、改善するにはその原因を探ることです

 

関節の動きが悪いことによるものなのか

筋肉の過緊張や血行障害によるものなのか

骨そのものに問題があるのか

ストレスからくるものなのか

はたまた内臓など内科的なものからなのか

(もちろん内科的なものが疑われる場合は医療機関へ受診を勧めます!)

 

デルマトーム

図は脊柱から出る神経が、身体に関連する部位です

Cは頸椎

Tは胸椎

Lは腰椎

Sは仙椎

この図からわかるように

手や脚が痛いという原因が、そこにあるとは限らないです

患者さんのなかには

「脚が痛いのにお尻の方ばかりで、なんで脚は触ってくれないの?!」

と言われる方がいますが、決して変なモノではありません(笑)

 

また、その痛みの種類は

ズキッとしたものなのか?

シクシクとしたものなのか?

ぼんやりとなんとな~く全体的になのか?

 

これらをあわせていくと、いろいろと見えてきます

それが改善の糸口になります(^^)

投稿者: 阪本整骨院

2018.10.09更新

だんだんと朝晩は涼しくなってきましたけど

お昼はまだまだ暑いですね

この連休中は地元はだんじり祭りで、そのお手伝いもさせて頂きました

肩の脱臼を入れたりもありましたが、それ以外には大きな怪我もなく無事に終えられて

いい祭りになって良かったです(>_<)

だんじり2018

※ この中のどこかに私がいます!(^^)

 

さて

祭りでご一緒させて頂いた人の中の1人に

バスケをする女子中学生がいました

走ると膝が痛い、ということで某大病院で検査をしたところ

膝の棚障害だと言われた(診断された)とのこと

じゃあ、それでどうしたかと言えば

手術もなく、薬もなくなんの処置もなく終わってしまった

今もバスケをしているけど、プレーすると痛みが出てくるとのこと、、、

 

膝の棚障害とは

膝関節の関節包にあるひだ状の部分(滑膜ヒダ)の内側が棚のようにみえるので、棚と言われます

この棚がスポーツや膝のケガが原因となって、膝の屈伸時に膝のお皿の骨と大腿骨の間に挟まったり

して炎症を起こし、痛みがでるものです

 

実際少し見させて頂きましたが、膝を曲げ伸ばしした時の

典型的な「パキッ」とかいう音もなく、完全に曲げ伸ばしできましたし

内側に引っかかり感や違和感もなく、

ただ痛みが内側やお皿の下の部分にあるということ

棚障害なのかどうか、疑問符がついちゃいました

 

歩行動作を見てみると、痛みのある膝に負荷のかかる歩き方をしていました

おそらくその負荷を軽減すれば運動時痛はなくなるはずと感じました

確かに重大な疾患のスクリーニングにMRIなどの検査は大事ですが

身体にかかる負荷(運動連鎖や身体の使い方)も考慮に入れないと

痛みの本当の原因にはたどり着けないんじゃないのかなー?

と、改めて思った今年の祭りでした

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付