四代目、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2018.07.23更新

身体の痛みの原因は転倒したり、捻ったり、ぶつけたりと

単に怪我をして起こるものだけではありません

それ以外にも

繰り返して同じ動作をすることや

ずっと同じ姿勢を続けることで痛みが出ることもあります

 

わかりやすい例として

繰り返して同じ動作をするものでは

スポーツの競技特性によるものがあります

野球のピッチング動作なんかは、同じ動作の繰り返しのいい典型例です

バレーボールやバスケの繰り返すジャンプ

マラソンは最も単純に「走る」という動作の繰り返し

日常生活動作でも歩く・座る・立ち上がるという動作などなど

繰り返す動作は、同じ所に繰り返して負荷がかかります

この負荷の積み重ねが関節の変形や、もろくなった骨の圧迫骨折などの原因にもなります

 

このような場合に

身体の治癒能力 > 負荷(損傷)の蓄積

の時はほとんど痛みがありませんが

身体の治癒能力 < 損傷の蓄積

となるとリカバリー量を超えてしまい、損傷が進んでいく=痛みが発現

となります

身体の治癒能力の向上、負荷の軽減に加えて

繰り返す動作での「身体の使い方」がポイントになってきます

 

ずっと同じ姿勢を続けることの例としては

スポーツでの構えなど、身体の常に同じ所に筋肉の緊張を起こすことや

仕事や車の運転などで座りっぱなしになることや、体調不良でゴロゴロしているなど

局所の循環不全によって起こるものがあります

循環不全が起こると、痛み以外にもしびれを感じることもあります

こういった場合には、どうやって循環状態を改善するかがポイントになります

循環。

投稿者: 阪本整骨院

2018.07.13更新

またまた久しぶりになりました、、、(>_<)

最近は人づてに聞いて来院される方も多いですが

そういった方に経過をうかがい、問診させていただいていると

うーん、、、と感じることが多いです

それが「木を見て森を見ず」ということ

 

その意味するところは

例えば

膝が痛いから膝だけをみて、身体の全体は考慮していない

腰が痛いから腰だけをみて、その他のことは考慮していない

といったもの

レントゲンを撮っても何も異常はないけど痛い

というものも同じことが言えるのではないかと思います

(重篤な疾患の鑑別にはもちろんレントゲンなどは必要です!)

 

しかし、痛いところだけにフォーカスしても、そこだけの機能評価に過ぎません

身体はたくさんの筋肉や関節が連動することで、様々な動きができます

だから一カ所だけの評価では不十分だと考えています

これが何度も言いますが、「木を見て森を見ず」ということ

 

レントゲンを撮っても何も異常はないけど痛い

これらの多くは筋・筋膜性疼痛と呼ばれるものです

膝が痛いという方には多いです

森

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付