四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2018.01.25更新

昨年の春からサッカーでスカウトを受けて

地方の高校サッカーの強豪校へ進学した患者さんが

今日、久しぶりに来院されました(*^_^*)

平日なので余計にビックリしていると

なんでもインフルエンザと診断を受けて

強制的に寮から一時帰宅させられたということ(>_<)

それでうちに来るのもどうなのよ?と思いましたが・・・(笑)

 

中学時代に身体のメンテナンスさせていただき

「頑張りや!」と、送り出してからしばらくした頃

お父さんから「足首の骨折したみたいで、どう対処したらいいか?」という相談も受けていました

 

みさせていただいたところROM制限、下腿の筋緊張などの所見

よくよく話を聞いてみると

しっかりとしたリハビリはしていないということ

今の時期はインターバル走など、走るトレーニング中心だけど

ずっと走っているうちにターンしたりすると骨折した側の脚に

だんだん力が入りにくくなってくる、、、

そりゃそーなるわーーー、と(>_<)


骨折は「骨がくっついたら治った」というものではありません!

むしろそこからが「スタート」です(>_<)

特にスポーツをしている人!!!


今回のケースでは

・足首の関節可動域が正常に戻っていない

・しばらく休んでいる間に、筋力が低下したままもどせていない

単純にはこれらが考えられます


その状態で元のハードな練習に戻ればどうなるか・・・?

だいたい想像できるはずです

最悪の場合には、足首をかばって動くことで

・他の部分の負荷が増えて傷める

・動作パターンが変わって、パフォーマンスが落ちる

こともあります

 

こうなるとレギュラーを守る事や、その座は遠のいてしまいます、、、

焦らず、しっかり治すことは非常ーーーーーに、大切です!!!

足首

投稿者: 阪本整骨院

2018.01.15更新

来院される患者さんは様々な「痛み」を訴えてこられます

例えば

サッカーをして捻挫した

荷物を持ち上げようとしてぎっくり腰になった

ドアに指をはさんだ

朝起きたら首を寝違えていた

転倒して手をついた・膝をぶつけたりして骨折した

事故でむちうちになった

などなど、様々な理由があります

この「痛み」が出る仕組みは、上の様な物理的な「刺激」が引き起こします

 

ほとんどの方はこの上の例のような「刺激」が原因とわかりやすいのですが

特に思い当たる原因がない・・・

けれども痛みやしびれがある・・・

という患者さんもおられます

いくつかその原因となるものはあるのですが

このような患者さんで多いもののひとつとして

「虚血」が原因となっているものです

 

「虚血」とは血が通っていない状態のこと

わかりやすいものとして、心筋梗塞の「痛み」です

心臓の筋肉を動かすための動脈が狭くなる、もしくはつまってしまうことで

血が通わない=酸素が不足した状態

になると激しい痛みが伴うというものです

このように血が通わず、低酸素状態は痛みの原因になります

肩こりで感じる痛みも、筋肉が過緊張して血流が悪くなることによります

スポーツをした後の筋肉の痛みなどもそう

腰痛の原因になっていることもあります

 

じゃあ

こういった虚血からの痛みを改善するにはどうするか?

それは・・・

「血流を良くすること」です

しかし

良くするだけではなく、なぜそこの血流が悪くなるのか?

その原因を探って改善しなければ、根本から治すことはできません

腰痛

Twitter @jt_sakamoto

投稿者: 阪本整骨院

2018.01.10更新

すごく遅くなりましたが

あけましておめでとうございます

年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか?

私は喪中でほとんどどこにも行かずでしたが

正月早々久しぶりにフットサルをしたら全身筋肉痛になりました(>_<)

次の日にきてるだけまだ若いかなー?と、思ったり(笑)

年始早々から結膜炎やら、風邪を引いたりとまあまあなスタートですが

本年も皆さんの健康のために精進していきますので

よろしくお願いいたしますm(__)m


さておき、昨年末よりツイッターも始めましたので、そちらもフォローしていただけると幸いです♪

阪本整骨院 twitter


さて、先週末には私の所属する公益社団法人 大阪府柔道整復師会の

新年交歓会に行ってきました

新年交歓会2018

新年交歓会2018②

議員の先生方や、たまに会う同業の先生方といろいろと意見交換でき、

有意義なひとときでした♪

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付