四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2017.11.16更新

身体の関節は様々な形でできています

凹凸の場合もあれば、凹凹のこともあったり

凸凸の場合もあります

 

関節の周りには筋肉や靭帯が多くあって

がっちりかみ合っているわけではなく

少しの余裕、いわゆる「遊び」があります

右の股関節を例にすると

骨盤や背骨、太ももからの筋肉や、白く描写されている靭帯で覆われていることがわかります

股関節

 

筋肉は関節を動かすための動力源

靭帯は関節がはずれないようにとめているもの

その関節がうまく可動することで様々な動きが行えるわけですが

さきほどの「遊び」があることで、少しのズレが生じる事があります

そうしたズレが生じると、筋肉や靭帯は伸ばされたり、縮んでしまったりして、

筋力が落ちたり、靭帯が弛緩・関節が不安定化してしまうことになります


その状態が続いて、様々な動きを続けることで

→ 身体への負荷が増える

→ 靭帯や軟骨など様々な組織を損傷

→ 変形、痛みの出現

ということになってしまいます(>_<)


そういった身体の関節などを施術、いわゆる「整復」をして

関節の中心化=負荷の少ない、最適な関節可動が行える状態

にすることで身体の改善をすることができます

これが「身体の環境を整える」ということだと考えています


また、それに加えて

その状態を維持できる「身体づくり」のためには

日頃からのストレッチや運動が必要です

投稿者: 阪本整骨院

2017.11.08更新

11月3日・4日に開催された、日本柔道整復接骨医学会 学術大会に

お休みをいただいて参加してきました

接骨医学会風景

年に一度の学術大会が今年は大阪で開催ということで

私の所属する大阪府柔道整復師会の知り合いの先生方も多く来られていました

 

いろいろ面白い発表がありましたし、臨床の見方が変わるものもあり

夜には地方から来られた先生方と食事しながら情報交換、交友を深めさせていただいたりと

毎回楽しませていただいています(笑)

ちなみにこの学会の日の夜には・・・三浦大知のコンサートがあったようで

若い女性がたくさん来場されていました

接骨医学会風景2

しかし、ライブで「飛びはね禁止」ってキツいですよね~??(笑)

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付