四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2017.01.26更新

もうすぐ2月

節分ですね

厄払いに行かねば、、、

 

さて、中学生のバスケをしている男の子

以前は太ももの裏側、ハムストリングの肉離れで来院されましたが

今回は試合で足がひっかかって転倒した時に膝を痛打

整形外科を受診され、骨には異常がない事を確認後

週末に試合があるので早く治したい

ということで来院されました

 

来られたのは受傷から1日後

膝の腫れがあり、膝を深く曲げる事はできず90度くらいまで

前十字靭帯、後十字靭帯、側副靭帯、半月板のチェックは異常なし

内側前面に圧ストレスがかかると痛みが出る状態でした

この時点の痛みの程度を10段階で最大の10として

微弱電流での治療、筋膜リリース、患部の血流促進をすると

痛みのレベルは10から3に減少

曲げる深さも120度くらいまでに回復

包帯での固定ではなく、テーピングで循環を促すように処置

日常生活での注意事項、部活での運動可能範囲

今の状態を説明させていただきました

 

翌日、受傷から2日後

腫れはかなりおさまった様子

まず自分でどのくらいまで曲げられるかチェックすると

膝屈曲

130度くらいでしょうか・・・

ここから微弱電流での治療、患部や関連部位へのアプローチをすると

膝屈曲2

自動運動でほぼ完全に屈曲が出来るようになりました

痛みも10から2に減少

ここまで来れば、あとは血流促進で代謝を促して

痛めた組織の回復をはかって、組織の柔軟性や体の使い方の再教育です

この調子でいけば週末の試合には間に合います(*^_^*)

投稿者: 阪本整骨院

2017.01.19更新

ようやく寒くなってきました

雪が積もっているところはかなりの量が積もっているようです

昔はスノーボードに行きたい!、、、となっていましたが

最近は全く思わなくなってしまったのは

歳を取ったからでしょうか、、、

 

さて、運動が大切!ということは

患者さんに常々、何度も、くち酸っぱくお伝えしていることです

その理由は局所的な物だけではなく、いくつもあるのですが

とりあえず知っていただきたい事として

1.筋肉のポンプ作用で血液やリンパの流れを促進する

2.軟骨に栄養を与える、関節内のヒアルロン酸を増やす

3.必要な筋力の維持

があります

 

まず1つ目

「筋肉のポンプ作用」

運動をして筋肉が伸び縮みする動きが出ると

血流が良くなります

血流が良くなる=体に栄養を行き渡らせる効果が上がる

となり、患部の治癒促進につながります

血流が悪くなると、痛みを感じる物質が出てきます

それが肩こりなどの症状や様々な痛みの原因にもなります

また、心臓から出た血液が手足の末梢まで行き

重力に逆らって心臓まで戻す時には

血液を戻す補助的な役割を担います

リンパは血液と違い、心臓のようなポンプのような役割を果たすものはありません

じゃあ、どうやって循環させるのか・・・?

運動して筋肉を伸び縮みさせる、筋肉のポンプ作用で

リンパ管を動かして循環させることができます

運動をしなければ滞ってしまい、むくみなどの原因にもなります

 

2つ目

「軟骨に栄養を与える、関節内のヒアルロン酸を増やす」

以前のブログ「膝の痛み」でも書きましたが

軟骨には神経はほぼないので、軟骨がひしゃげただけでは痛みは出ません

軟骨には血管もありません

血管がなければ、血が通わないので血流からは栄養を与えることができません

じゃあ、どうやって軟骨に栄養を与えるか・・・?

運動して軟骨をスポンジのようにグシュグシュすることで

関節液から栄養を取り込みます

また、運動で関節に刺激を与える事で関節の中の

ヒアルロン酸が増える事がわかっています

わざわざ注射を打たなくても増えます

 

3つ目

「必要な筋力の維持」

代謝の低下、活動性の低下などの原因の他

体の骨や靭帯の機能維持をすることが出来なくなり

代償的に負担がかかる事で、体の他の部分や

骨、靭帯などを痛めてしまうことがあります

 

当院を含めて医療機関にかかる人の多くは

「先生に何とかしてもらう」という意識の

受け身の方が多いと思います

しかし

問診、施術を通して体が治るための環境を整え

痛みの原因となる悪い循環を、治るためのいい循環に変える

治る方向に向かうスイッチを押しているに過ぎません

それに加えて運動をすることで

体を治す方向へとさらに促進してくれます

 

受け身なだけではなく、こういった事を知っていただいた上で

ウォーキングやジョギング、筋トレなど

適切な運動をすることで、ちゃんと体は改善することができます

また、運動は予防することにもつながります

痛みを恐れず、ちゃんと管理した上で運動する事は必要です

ジョギング

投稿者: 阪本整骨院

2017.01.10更新

最近、耳にする機会が増えた「筋膜リリース」という言葉ですが

ようするに

緊張している、あるいは癒着してしまった筋膜を元通りに動くようにすることを指します

 

身体の組織は皮膚や真皮、脂肪、筋膜、筋肉など

それぞれが重なるように隣り合っています

イメージ的にちょうどこんな感じ、、、↓

ミルクレープ

このミルクレープのように何層も重なっているようなものと

考えていただくとわかりやすいかもしれません


それぞれの層が滑るように動くことで

身体をスムーズに動かせることができます

ここで各組織の柔軟性や滑りが良くないと

肘や膝などを曲げることすらできないのは

わかっていただけると思います


骨折などで手術をしたあと、長期間同じ格好でギプス固定をして

肘などを曲げ伸ばししにくくなったような経験はありませんか?

それはこれらの滑走不全や組織の癒着によるものが原因となっています

骨折は極端な例ですが

日常生活やスポーツでの偏った動作でも滑走不全を起こすことで

痛みが出たり、関節の可動域制限が出る事で

他の身体の部分にまで影響を及ぼしたりすることもあります

器具を使う、徒手的にリリースする(はがす)のは

結構な痛みがありますがそれに見合う効果があり

劇的に改善することもよくあります

表面的な気持ちのいいマッサージだけで

改善することはありません

結構な痛みがあるのできちんと説明したあとで

嫌われるのを覚悟でやっています(笑)


自分でできるリリースのやり方として

トップアスリートもセルフケアに使う

トリガーポイントを使う方法についてもお教えしています

トリガー

投稿者: 阪本整骨院

2017.01.04更新

新年、明けましておめでとうございます

本年も皆様の健康のお役に立てるよう、日々精進して参りたいと思います

今年の目標は

・学んだ事を整理

・それらを統合して磨きをかける

でいこうと思います


本年もよろしくお願いいたします

皆さんも幸多い一年となりますよう

初日の出

さて

今年の年末はいつもより少し早めに閉院させて頂き

PRI(Postural Restoration Institute)の講義を受講してきました

以前からPRIの「骨盤部の病態力学に対するアプローチ」は取り入れていましたが

今回は「胸腹部の病態力学に対する統合的アプローチ」について

2日間、朝早くから夕方までみっちり

横隔膜や肋骨、鎖骨や胸骨などの解剖学的観点から

どのような病態が起こりうるか、呼吸についてなど

それらに対するアプローチについて学んできました

特に呼吸については、脳や自律神経だけではなく

スポーツのパフォーマンスにも関わる重要なものとして

近年注目されている分野です

 

考えてもモヤがかかっていたものが、今回の学びで繋がり消化できたものがありました

学んできた事を元に、さらに施術に磨きを掛けたいと思います

PRI

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付