四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2016.09.26更新

昨日はだんじり祭りの試験曳きでした

暑くて熱中症の子も何人か出ていました

今年は涼しくなるのが早いからマシかな・・・と思っていましたが

まだまだ油断ならないですね

 

さて、前回のブログ「子供のストライダーってどうなん?」の内容から

聞かれたことがあったのでその事について少し・・・

ストライダーは2~5歳のバランス感覚などの神経系の発達を促す

ということがウリになっているようです

その根拠の元はおそらくスキャモンの発育曲線というもので

子供の肉体や神経、リンパ、生殖などがどのように発育していくかというグラフです

ゴールデンエイジ

 

ここでこのグラフの細かい説明はあえてやめにしますので

知りたい方はググッてくださいね


ここでフォーカスするのは神経系です

神経系は確かに5歳まででおよそ8割方ができるということになります

つまり、、、

この段階で様々な刺激を与えるといいという事です

ストライダーで刺激になるのは

歩いたり、走ったり、木や遊具によじ登ったりするときのバランスとはまた違い

あくまで「自転車に乗る」ためのものです

よく「自転車に早く乗れるようにするため」と聞きますが

何のためにでしょう?

親が楽をするためでしょうか??

いやいや子供のために!

というそこのお母さん!

それって親のエゴになったりしてませんか??

とりあえず読んでご参考にしていただければと思います


まずはじめに

人間はもともと2本足で歩く、走るように体の構造が進化してきました

自転車に乗るのに適した進化はしていません

前回も書きましたが、ちゃんと歩けないのにそんなもんに乗せてどーする?

というのが、私の意見です

それよりもこの神経が発育する段階で

公園を走り回り、遊具によじ登ったり自由な動きで全身の神経に刺激を与える

そしてしっかりした歩き方や、手足の使い方を学ぶ事の方が

よほど発育には適していると思います

たまに

野球させるとすごくうまいけど、マット運動がへた・・・というような子がいます

こうした子はどこかのレベルでまず壁に当たります

体のコントロールがうまくできないことで、もうひとつ上のレベルに行けない要因になりえます

それどころか怪我の素因になることもあります


つまり

自由に動かせる体なくして、日常生活やスポーツなどの運動をうまくできるはずがありません

年配の方や幼児がよく転ぶのは

「体を思うように動かせないから」という理由です


だから

そうした十分に全身の神経を刺激することを経たあとに自転車に乗る・・・

それでも全然遅くないはずです

むしろその方が体の使い方がわかっているので、早く乗れるんじゃないかと思ったりします

 

また、そうした基礎的な部分が弱いがゆえに

怪我をしやすくなってしまったり

それだけではなく、その子の老後に影響を及ぼすこともありえます

実際、学校で子供の運動器検診今年から始まりました


よく言われる事で

「しっかりハイハイしないといけない」というものがありますが

それは「発達に必要な過程はしっかりやらなくてはいけない」ということ

(ハイハイでは特に体幹部が関与します)

子供の成長スピードは人それぞれです

あせらず見守ってやるということが大切だと思います

投稿者: 阪本整骨院

2016.09.20更新

台風はすごい雨でした(>_<)

各地ですごい被害が出ているようです

そんな中でも来院された方もおられましたが

無理されないようお願いします・・・


さて、先日うちの家内から

「子供のストライダーってどうなん?」

と、唐突に質問を受けました

ストライダーというのは知っている方もいるでしょうが

子供が自転車に乗る前に練習する

ペダルのついていない自転車のようなもので

なんでも最近ではレースも開催されたりするとか・・・

ストライダー

で、

ようするに家内が聞きたかった事は

「子供の(発育上)ストライダーってどうなん?」

ということでしたが

皆さんはどう思われていますか・・・?

 

 

あくまで私個人の考えとしては

発育上よろしくない、と考えています


その理由として

子供の発達は、寝返り→四つんばい→ハイハイ→つかまり立ち→つたえ歩き

という過程を経て、ようやくよちよち歩くようになります

ちゃんとした歩き方はおおよそ10歳位までに出来上がると言われています

ということは、幼少期は「歩き方」の基礎が形成されるとても大事な時期です

歩くことは人間にとって最も基本的な生活動作ですが

まだちゃんとした「歩き方」ができないのに

なぜ自転車に乗る練習をしなければいけないでしょう・・・?

それと同じように例えると

皆さんは赤ちゃんがちゃんと寝返りもできないのに

四つんばいの練習をさせるでしょうか?

まさかそんなことはないはずですよね(笑)

きっと赤ちゃんが寝返りできるのを固唾をのんで「頑張れー!」と

スマホで動画を撮りながら応援しているのではないでしょうか?

それと同じ事だと考えていただければ、理解しやすいかと思います


自転車はしっかり歩けるようになってからでも全然遅くないと思います

またストライダーついでに言うと、赤ちゃんの歩行器についても同じ事が言えると思います

歩行器2

大人は普段気にしていませんが、寝返りや立ち上がる動作は見えない重力に逆らってしています

赤ちゃんはその重力に逆らうことで必要な筋肉が発達していきます

これらのような文明の利器、便利なグッズを使うと

発達に必要な過程をすっ飛ばしてしまうことになり

体幹や脊柱を支える筋肉や脚の筋肉の健全な発育ができず

しっかりした立ち方や歩き方ができなくなると私は考えています

だから、早く歩けるようになるという事は、必ずしもいいことではないです

(あくまで個人の見解です)

実際、基本的なしっかり立つことや歩くことが出来ないために

負担がかかって腰や股関節、膝、足部などを痛めている子供さんをみてきました

昔の人は移動手段としてたくさん歩いていましたが

車や自転車などのおかげで現代人はあまり歩かなくなってしまいました

その影響は私が今まで学んできたことから考えて

個人的にはかなり大きいと感じています

発達のことや骨盤に波及することまで言い出すと

きりがないので今日はこれくらいにして・・・


というわけで

我が家の娘にはせがまれてもストライダーを買う予定はありません(笑)

これも君を思うがため・・・

子供のうちはお外でしっかり走り回って遊ぶのだ!(>_<)

(画像はネットから拝借しました)

投稿者: 阪本整骨院

2016.09.12更新

今週はなんだかずっと雨になりそうな予報ですね

これで蒸し暑くなくて、涼しくなればいいですね(>_<)

 

昨日の土曜、日曜日は勉強会でした

土曜日は医師との連携についての講座を

 

そして日曜日は朝から神戸でセミナー

遠くは和歌山や奈良から来られた方もおられたようで

皆さん熱心に動画を取られたりしていました

私は早めに行ったのもあって

目の前の一番いい席で実技を拝見

気づくことや復習になることもあって、なかなかいい週末を過ごせました♪

週末もサポートしてくれる家族に感謝(>_<)

セミナー

投稿者: 阪本整骨院

2016.09.12更新

今週はなんだかずっと雨になりそうな予報ですね

これで蒸し暑くなくて、涼しくなればいいですね(>_<)

 

昨日の土曜、日曜日は勉強会でした

土曜日は医師との連携についての講座を

 

そして日曜日は朝から神戸でセミナー

遠くは和歌山や奈良から来られた方もおられたようで

皆さん熱心に動画を取られたりしていました

私は早めに行ったのもあって

目の前の一番いい席で実技を拝見

気づくことや復習になることもあって、なかなかいい週末を過ごせました♪

週末もサポートしてくれる家族に感謝(>_<)

セミナー

投稿者: 阪本整骨院

2016.09.10更新

朝晩はだいぶ涼しくなりました!

暑がりの私にはすごく助かります!(笑)

 

さて、たま~にですが

初めて当院に来られる方で

受付で開口一番、「マッサージしてくれますか?」

と言われる方がおられます

申し訳ないですが、そういった方には受診していただくことを

丁重にお断りさせていただいています

 

なぜなら、整骨院は「マッサージ屋さんではない」からです

世間、特に大阪には整骨院があふれていて

中には癒しを前面に押し出したおかしなところ(特にチェーン展開しているようなところ)が

おかしなチラシを配って呼び込みをしていたりしますが

整骨院は本来そういうところではありません

 

マッサージを受けたいとおっしゃられる方には

街中によくある1時間3千円ほどでしてくれるところに行くことを

勧めさせていただいています

しかしそういったマッサージ店でも、無資格の人が施術をしていたり

(あんま・マッサージ師という国家資格が必要)

無資格ゆえに肋骨骨折などの健康被害が出て問題にもなっています(゜o゜)

その他にも国民生活センターで以下のような情報も公開されています

リンク:手技による医業類似行為の危害-整体、カイロプラクティック、マッサージ等で重症事例も-

 

整骨院は癒しのマッサージ屋さんではありません

腰や膝の痛みはもちろん、骨折なども含めて痛いものを早く治して

元の日常生活やスポーツ現場に戻してあげることが仕事だと考えています

肘

投稿者: 阪本整骨院

2016.09.06更新

まーだ体が本調子ではないです

やはり回復する時間が若い頃よりも着実に遅くなったと実感する今日この頃、、、

 

さて、日曜日はとあるセミナーに行ってきました

今まで考えていた事や学んできたこととリンクすることが多くあり

とても有意義なセミナーで、継続して勉強して行きたいと思いました

 

PRIやDNSで学んできたことや

自分なりに臨床でのアプローチを考えてきたことが

今回学んできた内容はいい具合に継ぎになりました

 

腰痛の治療は世界的に見て日本は遅れています

前回のブログの体幹のブレということにも繋がることですし

当院のホームページにも書いてありますが

ヘルニアやすべり症、椎間板の変性は腰痛の原因にはなりません

いまだにこの間違った常識に引きづられている方が多いのが現状です

逆に今の時代こそ手術や薬ではなく、この「手」で治せるものはまだたくさんあると思います

これからも世の中のこの間違った情報や思い込みを無くして、正しい情報を共有し

たくさんの方の施術をして、きっちり治すことで

日本の医療の役に立てるようにしていきたいと思います

手2

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付