四代目、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2018.12.04更新

12月なのに変に暖かいですね

今日は昼から嵐になるという話でしたが、まだ晴れていますね

 

さて、先日から中学生で水泳をしている男の子

ジュニアオリンピックにも出場した経験のある彼が

膝を痛めて来院していました

症状としては膝の外側に痛みを訴えていたんですが、いわゆる腸脛靱帯炎の症状でした

腸脛靱帯炎はランニングなど、膝の屈伸運動を繰り返すことで

腸脛靱帯が大腿骨外顆とこすれて炎症を起こし、痛みが現れると言われています

しかし近年はその摩擦は起きにくいことが指摘され

腸脛靱帯が大腿骨外側上顆との間にある血管や神経を含む脂肪組織を圧迫することで

炎症が生じると言われています

この症状が特に多いのは

マラソンなどの長距離ランナーやバスケットボール

水泳、自転車、バレエなどをしている人にみられます

 

で、水泳をしている彼は平泳ぎの練習を今は主にしているということだったので

平泳ぎの動作に問題があると考えていました

でもよくよく聞いてみると、スイミングスクールの筋トレ指導で

スクワットをやっていること、そのスクワットのやり方がまずいことが判明

 

まず、スクワット動作が悪いことで

膝の外側への負荷が大きくなっていること(過負荷)

スクワットの回数が多いことで

身体にあった負荷量の調節ができていない(オーバーワーク)

という状態

 

そこで徒手施術、微弱電流での治療に加えて

幸いテスト期間でもあったので、練習を休む

スクワットの見直しという負荷の調整をすることができ

早期復帰できました

 

基礎的な筋力はもちろん大事ですが

水泳選手がジョギングなどのトレーニングはしないように

競技特性に見合ったトレーニングや

普通の人がいきなり100キロのバーベルを上げると怪我するように

負荷の調節は怪我の予防、身体のメンテナンスをする上でとても重要です!

修行

投稿者: 阪本整骨院

2018.12.03更新

気づけばもう12月ですね

今年も残すところあと少し

来年は本厄、、、

年明けにはお祓いにいかないと

 

さて、いつも口酸っぱく運動の重要性については話すところですが

先日プレジデントという雑誌の記事

運動しない人の「生涯現役」が無謀な理由の中でも

「骨を強く保つためには、ピークボーンマスをできるだけ高くし、

平坦な時期を長く保って、下降のカーブを緩やかにすることが必要です。

適度な運動で刺激を与え、適切な栄養を取ることで、

それが可能になることが最近の研究でわかってきました。」

と紹介されていました

 

平均寿命が男性で81.09歳、女性で87.26歳(2017年)

健康寿命が男性で72.14歳、女性で74.79歳(2016年)

その差は男性で8.95、女性で12.47

ようするに男性では9年、女性では12年半もの間、

寝たきりなど、日常生活に支障をきたしているということになります

この差を埋めて身体をいつまでも元気に保つには

運動で骨に刺激を与えて、筋肉量も増やすことが大切だということです!

気づいたときには骨密度や筋肉量が少なく、日常生活の動作が困難、、、

なんてことにならないよう、日頃から運動する習慣をつけることです

 

というわけで、子供のうちから全身を使って運動することが

発育上、とっても大事です!!!

鉄棒

投稿者: 阪本整骨院

2018.11.29更新

さてさて、先日の大阪マラソンのボランティアで

ランナーの皆さんや患者さんのマラソンのご報告を受けて

俄然モチベーションが上がってきたところで

あと3ヶ月を切った泉州マラソンに向けて

久しぶりに走りました

ジョギング11/27

院から近くの浜寺公園を2週してきたんですが

1週目は5分40秒ペースでぼちぼちと

2週目はLSDトレーニングを意識して、6分30秒~7分ほどで走りました

 

思えばだんじり祭以降は走っていなかったわけで、、、(--;)

なまった身体はやっぱり重いですね

そして翌日、太ももの筋肉痛が現れると、、、

どんだけなまってんだか(笑)

投稿者: 阪本整骨院

2018.11.26更新

昨年は走った大阪マラソンですが

今年は例年のようにランナーさんのサポートをする側で参加させていただきました

ボランティア証

 

朝のゴール地点はまだ静かです

マラソンを走るには絶好の良い天気です

少し暑いくらいだったと思います

ゴール地点2018

 

インテックスの中

虹色で色毎にチャリティーが大阪マラソンでは定番です

インテックス内

 

ケアブース

ケアブース

脚を引きずって帰ってきた多くのランナーの皆さんに

問診からストレッチやケア、テーピングなどの処置をしました

後半は待っていただかなくてはいけないほど

多くのランナーの方が来られていました

 

さてさて、私はというと泉州マラソンに当選したので

そろそろ練習を開始しないと!

でも楽しそうに走ったり、充実した顔で帰ってくるランナーの皆さんを見ると

モチベーションが上がりますね!(*^_^*)

頑張って走ります!!!

投稿者: 阪本整骨院

2018.11.19更新

先週の金曜の午後からお休みをいただいて

土日と名古屋で開催の日本柔道整復接骨医学会の学術大会に参加してきました

この学会は柔道整復師の学会です

接骨医学会27回

全国から多くの柔道整復師や、学んでいる最中の学生が参加、発表していました(^^)

そんな中で私も発表に携わらせていただきました

夜には共同研究をした先生方と食事をともにさせていただき

いろいろと今後の展開について話していました

 

そんな中、学会の講演のひとつで

サッカー元日本代表のDF、秋田豊さんが来られていたので

写真を一枚撮らせていただきました

秋田

意外に私と背の高さが変わらないことにビックリ!

世界の名だたるFWと渡り合い

時にはセットプレーで点を取ってきた事に

改めてすごいな~と、一人で感慨にふけった名古屋の学会でした

投稿者: 阪本整骨院

2018.11.13更新

ここ最近、ご紹介いただいてバレエをされている患者さんを

よくみさせていただいています

その中で感じたのは、やはり脊柱の可動性についての重要性です

 

皆さん柔軟性はあるのですが

その柔軟性の質が違ったり

一か所の関節の動きが悪かったり

脚を傷めたり、はたまた背中を傷めたりと

同じ動作を行っていても様々です

 

バレエの競技特性で柔軟性は重視されるところですが

特に重要なのは脊柱や胸郭の柔軟性

いわゆる背骨と肋骨回りの柔軟性だと、個人的には思います

(それに加えて体幹深部の筋肉も必要ですが)

バレエアラベスク

 

例えば腕を上げる時でも、肋骨や背骨は同時に動いています

背骨や肋骨回りが硬いと特有のしなやかな動きや表現が難しくなります

腰痛の患者さんでも脊柱の可動性が悪い人は

背骨の各分節で連動がうまくできておらず

動作時に負荷がかかることで痛みが出ていることもあります

 

一度、背骨や肋骨の動きをチェックしてみてはどうでしょうか(^^)/

投稿者: 阪本整骨院

2018.10.29更新

患者さんにたまに聞く話のひとつに

3分間の話があります

 

3分間と言うと

カップラーメンにお湯を入れてから食すまでの時間

ウルトラマンの地球での活動限界時間

キューピー3分クッキング

などが有名所ですね~(*^_^*)

 

では

患者さんからたまに聞く「3分間」ってなんの3分間かわかるでしょうか・・・?

それは、、、

ウルトラマン

 

 

診察時間です

病院に行って受付をして

レントゲンなどの検査をして

長時間待っても先生と話してるのはだいたい「3分間」くらい、だと

 

友人でも医師がいるので、先生方が大変なのはよくわかっているつもりです

しかし検査結果以外に、3分間で得られる情報ってどれくらいあるでしょうか?

 

最近、よく言われる言葉に「EBM」というものがあります

Evidence Based Medicine(根拠に基づく医療)の頭文字でEBMです

その目的は最新の臨床研究に基づいて、統計学的に有効性が証明された治療をすることで

より効果的な質の高い医療を提供することです

しかし

逆の見方をすれば、統計学的に有効というデータに基づくということは

全ての患者さんに有効ではないとも言えます

実際、有効率は60~90%とされていて

有効ではない患者が40~10%ほどいることに、、、

ということは、治らない患者さんがそれだけいることになります

 

そこで

EBMを実践してきた英国の医師が提唱したのが「NBM」です

Narrative Based Medicine(物語に基づいた医療)の頭文字でNBMです

対話を通じて病気になった理由や経緯、今どのように考えているかなどの「物語」から

病気の背景や人間関係を理解し、患者の抱えている問題に対して

全人的(身体的、精神・心理的、社会的)にアプローチしていこうとする臨床手法のことです

患者との対話と信頼関係を重視し、EBMとお互いに補完しあうものと期待されています

 

このNBMって

じつは私たち整骨院の先生(柔道整復師)がずっと前からしていることで

患者さんの日常生活動作であったり

スポーツをしているのであれば、その競技特性であったり

家族構成、心理的なもの、背景はどうかなど

これらはレントゲンなどの検査結果では得られない情報で

そこにとても重要な情報が隠れていることもしばしばです

だからこそしっかりと時間をかけて問診・対話をすることが

ちゃんと治すためには必要だと常々考えています

 

でも3分間でこれを行うのはとても無理な話ではないでしょうか?

病院などともっと連携してお互いに補完し合えれば

もっといい医療の形ができるんじゃないかなー?

と考えています

投稿者: 阪本整骨院

2018.10.19更新

来院される方は身体のあちこちに痛みやしびれを訴えられます

当たり前のことですが、改善するにはその原因を探ることです

 

関節の動きが悪いことによるものなのか

筋肉の過緊張や血行障害によるものなのか

骨そのものに問題があるのか

ストレスからくるものなのか

はたまた内臓など内科的なものからなのか

(もちろん内科的なものが疑われる場合は医療機関へ受診を勧めます!)

 

デルマトーム

図は脊柱から出る神経が、身体に関連する部位です

Cは頸椎

Tは胸椎

Lは腰椎

Sは仙椎

この図からわかるように

手や脚が痛いという原因が、そこにあるとは限らないです

患者さんのなかには

「脚が痛いのにお尻の方ばかりで、なんで脚は触ってくれないの?!」

と言われる方がいますが、決して変なモノではありません(笑)

 

また、その痛みの種類は

ズキッとしたものなのか?

シクシクとしたものなのか?

ぼんやりとなんとな~く全体的になのか?

 

これらをあわせていくと、いろいろと見えてきます

それが改善の糸口になります(^^)

投稿者: 阪本整骨院

2018.10.09更新

だんだんと朝晩は涼しくなってきましたけど

お昼はまだまだ暑いですね

この連休中は地元はだんじり祭りで、そのお手伝いもさせて頂きました

肩の脱臼を入れたりもありましたが、それ以外には大きな怪我もなく無事に終えられて

いい祭りになって良かったです(>_<)

だんじり2018

※ この中のどこかに私がいます!(^^)

 

さて

祭りでご一緒させて頂いた人の中の1人に

バスケをする女子中学生がいました

走ると膝が痛い、ということで某大病院で検査をしたところ

膝の棚障害だと言われた(診断された)とのこと

じゃあ、それでどうしたかと言えば

手術もなく、薬もなくなんの処置もなく終わってしまった

今もバスケをしているけど、プレーすると痛みが出てくるとのこと、、、

 

膝の棚障害とは

膝関節の関節包にあるひだ状の部分(滑膜ヒダ)の内側が棚のようにみえるので、棚と言われます

この棚がスポーツや膝のケガが原因となって、膝の屈伸時に膝のお皿の骨と大腿骨の間に挟まったり

して炎症を起こし、痛みがでるものです

 

実際少し見させて頂きましたが、膝を曲げ伸ばしした時の

典型的な「パキッ」とかいう音もなく、完全に曲げ伸ばしできましたし

内側に引っかかり感や違和感もなく、

ただ痛みが内側やお皿の下の部分にあるということ

棚障害なのかどうか、疑問符がついちゃいました

 

歩行動作を見てみると、痛みのある膝に負荷のかかる歩き方をしていました

おそらくその負荷を軽減すれば運動時痛はなくなるはずと感じました

確かに重大な疾患のスクリーニングにMRIなどの検査は大事ですが

身体にかかる負荷(運動連鎖や身体の使い方)も考慮に入れないと

痛みの本当の原因にはたどり着けないんじゃないのかなー?

と、改めて思った今年の祭りでした

投稿者: 阪本整骨院

2018.09.25更新

秋の気配を感じる気温になってきました

秋の訪れは暑がりの私にとってはありがたいですが

部活をしている子達にとっては、とっても切ない引退の時期でもあります

 

ひとつのことに没頭して

脇目も振らずに練習して

みんなでひとつの目標に向かってひた走る・・・

ん~・・・青春ですね~!!!(>_<)

自分にもそんな頃はあったのか!?

という歳になってしまいましたが(笑)

 

さて

某高校でバレーボールをしている

高校3年生でアタッカーの彼女もまたその1人

アタック

最後の公式戦の1週間前に肩を痛めて

アタックを打つのが難しいとのこと

「最後なんで悔いの無いように試合をしたいです!」

その思いをなんとかしてあげたい・・・

そう思わなければ医療人じゃないですよね!?(>_<)

 

気合いを入れての施術と運動指導!(※この子だけじゃなく、いつもやってます!)

そして週が明けて今日・・・ 

「優勝はできなかったけど、全員が全力でプレーできて、

今までで一番良い試合ができました!

肩の調子とっても良かったです!

ありがとうございました(^^)」

とLINEで報告をいただきました

 

有終の美は飾ることは出来なかったかもしれないけど

悔いなく試合に臨むお手伝いができて

こういった言葉が何よりも、、、(T_T)

この仕事をしてて良かった、、、と思える瞬間です

投稿者: 阪本整骨院

前へ

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付