四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2017.06.20更新

暑いです

暑いのが苦手な私にはキツイ季節です・・・

さて、近頃ご紹介で遠方からも来院される方も多くなりました

ご信頼いただけて、ありがたいことです

まだまだ精進せねばと思います

 

そんな中で「先生は神の手やでー!」と、言っていただくことがありました

そのようなお褒めの言葉をいただき、大変恐縮至極でした・・・(>_<)

でも、私は神の手を持つわけでもなく、普通のいち柔道整復師です

 

よくマスコミなどがゴッドハンドだのなんだのと言っていますが

その人が「神」なのかどうかの基準って、そもそもなんでしょう?

「治す」っていうのが基準だとすれば

治すことができない先生ばかりにもなりかねないですし・・・(>_<)

 

とある医師の方も

『医師間で「彼は神の手を持つ」とか「彼女はスーパードクターだからね」はまずありません

あったとしたら「なになにの手術で実績がある」

「なになにの手術を数多くこなしている」

「なになにの手術で結構論文を書いている」という評価だけです』

とブログに書かれています

柔道整復師の間では「ゴッドハンド!」というような

やり取りをする方も見かけたりしますが・・・(゜o゜)

 

この医師が言われるように

どのくらいの数の臨床にあたったか

新しい知見を取り入れて臨床にあたっているか

立ち止まることなく勉強しているか、という点が重要であって

そういったものが臨床の「結果」として表れるのだと思います

 

つい先日も

「遠方で来院が厳しいので、近隣の先生を紹介して欲しい」

というご要望があったので、私の信頼する先生にお願いしました

そこで私が紹介する先生のことをゴッドハンドだと言うはずもなく

「安心して患者さんを任せられる」「患者さんのため」という思いだけです

じゃないと患者さん自身が大変な事になってしまいます

 

私も患者さんからゴッドハンドと言われるより

知り合いの先生から「この先生なら安心して任せられる」と

思っていただけるように、日々もっと勉強していかなきゃなー、と

改めて思った次第です

 

それともうひとつ付け加えると

「ゴッドハンド」はお金で買うことができるようです

某・食のサイトと同じ仕組みですね

こんなメールが来る事もあります


 

お問い合わせがありました。

内容は以下のとおりです。

■お名前
〇〇〇〇企画担当 〇〇

■お問い合わせ内容
突然のご連絡で大変失礼いたします。

〇〇〇〇企画担当、〇〇と申します。

 

この度、「〇〇〇〇」増刊号として

「〇〇〇〇」が〇月に発売となります。

夏の花火情報や行楽・グルメ情報をまとめ毎年完売となる本誌にて、

鍼灸院、整体院、整骨院さまを厳選して編集部目線で紹介する

編集タイアップ企画を予定しております。

 

本企画は広告扱いではなく、〇〇〇〇編集部が制作する記事ペ-ジ扱いの企画です。

読者へはもちろん、掲載後も貴院オフィシャルサイトで

「〇〇〇〇に掲載された」治療院として末長いPRにご活用いただけます。

 

詳細は下記urlのリンクにて企画書をご参照いただければと存じます。 

もし、少しでもご興味をお持ちいただけましたら、

〇〇〇〇担当の〇〇(フリ-ダイヤル0120-〇〇〇-〇〇〇)まで

ご連絡いただければ、大変嬉しく思います。

 

何卒よろしくお願い申し上げます。


 

有名雑誌に載ったからいい整骨院!、、、ではないんです(゜o゜)

病院にしても同じですね

 

結局こうなると

なんでも「自分の目で確かめる」というのが一番な気がします

情報過多の時代、、、なんか世知辛いですね(>_<)

投稿者: 阪本整骨院

2017.06.15更新

「子供の手が抜ける」という話を聞いたことがあるお母さんは多いと思います

駄々をこねる子供へこっちに来なさい!、、、と

子供の手を引っ張った瞬間などになります

先日も手が抜ける事について質問を受けました

過去のブログに書いたものがあるので

そちらを引用しますので、参考にしてください(*^_^*)

 


 

さて、先日もわざわざ遠くから自転車で来られたお母さんがおられましたが

今回は子供の「手が抜ける」ことについて少しお話を

医学的には「肘内障(ちゅうないしょう)」と言います

学齢前の、主に2~4歳ごろの小児特有の障害で、

「こっちにおいで!」というような感じで手を強く引っ張ったりすると発生し

急に子供は肘の辺りの痛みを訴え泣きだします

だいたいのお子さんは下の写真のように

手のひらを下に向けて軽く肘を曲げたままあまり動かさなくなります

 肘内障

当院に来られた中では、変に寝返りした際になったというお子さんもおられました

その時どうなっているかというと、前腕には2本の骨がありますが

手のひらを上に向けた状態で、その外側の骨(橈骨)の一番上(橈骨頭)にある

輪ゴムのような靭帯(橈骨輪状靭帯)が、あるべき場所から逸脱してしまっている状態です

いわゆる「亜脱臼」ということになります

橈骨輪状靭帯 

また、何度も抜けるお子さんはおられますが、これは小児時には体、特に肘の関節が

まだ発育途中であるために起こるもので、、成長するに従って自然に抜けなくなります

ですから、よく言われる「脱臼はクセになる」というようなものではないので

心配はいりません(^_-)


もしも手が抜けたかな・・・?と思われたら

お近くのちゃんとした整骨院に行ってみてください

麻酔の注射などの処置は全く必要ないですし

軽いものならば、ものの3秒で治りますよ(^O^)/

<以上、過去ブログ「子供の手が抜けるって?」から引用>


 

 

なんか院の様子が古いですね(笑)

5・6年前のような気がするけど、それだけ歳をとったってことでもあるんですね・・・(゜o゜)

投稿者: 阪本整骨院

2017.06.06更新

妊娠、そして出産というものは女性の身体にすごく負担がかかるものです 

骨盤は書いて字のごとく、「盤」と書きますが一枚の板のようなものではなく

仙骨、腸骨、尾骨が組み合わさってできており、そこには多くの靱帯がついています

また、歩くことで骨盤は少し回旋して動きます

骨盤靭帯

妊娠中や産後にどのような骨盤の状態になるのかというと

妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンやリラキシンの関与で

徐々にゆるんで広がり、赤ちゃんが通る道を作ります

(ちょうど上の画像の文字の上の辺りが開いてきます)

そして産後、徐々に元に戻っていくわけですが

この戻る過程で歪んだ状態で元にもどってしまうと

腰やおしりの痛み、脚のしびれの原因になることがあります


また、出産に伴って骨盤底筋群が傷んだり、緩んでいることで

尿漏れしやすくなったり、、、

お風呂上りにお湯が垂れてきたり、、、

切れ痔になってしまったり、、、

それ以外にも、性交時の痛みの原因になったりも、、、(゜o゜)

そのため海外では理学療法士の方が

産前から産後まで骨盤のケアをされているところもあります


さておき

当院に来られる女性の方でも

「産後の腰痛がひどく、足までしびれてきた

整形外科でレントゲンを撮ったけど、何も異常はないと言われた・・・」

という方はやはり多いです


そういった方の身体をチェックをすると、骨盤が正しい状態ではなく

骨盤や股関節、脊柱の可動域が制限されて

身体の連動性が損なわれていたり

骨盤底筋群がうまく働いていないことがほとんどです

このような方には骨盤の正常な動きを確保するため

身体のバランスの調整、自宅での運動、日常生活動作の管理などで

改善することができます


こういった骨盤からくる症状は、妊婦さんに限るものではなく

老若男女にも関係なく出てくることがあります

前の日記、坐骨神経痛にもつながってくるところです

その内容や骨盤については下記を参照してください

坐骨神経痛は「症状」

骨盤について


普段のなにげない動作や姿勢、生活習慣からも影響を受けますので

日頃から気をつけて、身体のバランスを整えるために

ストレッチ、腹式呼吸などで予防することをおススメします

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.31更新

もう5月も終わりです

先日から会議続きで休診をいただき、ご迷惑をお掛けしておりました

 

さて、みなさん一度は聞いた事がある「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」という単語

けっこう勘違いされている方もおられますが

坐骨神経痛は「症状」であって「病気」ではありません

坐骨神経は人体で最も太い神経です

坐骨神経

(後ろから見た図で、一番太く光っているものが坐骨神経)

この神経がなんらかの刺激を受けて出る症状が「坐骨神経痛」と言われるものです

その症状として痛みやしびれ感、だるさなどで

ひどくなるとお尻~ふとももの裏だけではなく、ふくらはぎ~足先まで出てくることもあります


その原因となるもののひとつとして、梨状筋症候群があります

梨状筋はお尻の部分、骨盤(仙骨)から大腿骨にかけてついている筋肉です

(後ろから見た図、画像の黄色く光る部分)

坐骨神経3

この梨状筋の下を坐骨神経が通ります

梨状筋が過緊張を起こして坐骨神経を刺激することで

痛みがでるものを「梨状筋症候群」といいます

梨状筋が過緊張を起こす原因として

身体の使い方、身体の連動性低下、骨盤の変位などが考えられます


先日も同じような症状で腰、お尻、ふとももに痛みがあり

足に力が入らず、立てない、歩けないという50代女性の方が

傘を杖代わりにして来院されました

とある医療機関ではレントゲン検査ののちに

すべり症という診断をいただいたそうですが

すべり症は腰痛の原因にはなりません

過去の研究データなどで検証されており

また

「腰椎すべり症、分離症(初期の疲労骨折は除きます)、椎間板や軟骨の変性が痛みの原因となることはありません。」

と、はっきり言われている整形外科のドクターもおられます

 

さておき、先ほどの女性の患者さんがどうなったかというと

初診の日から4日間は毎日施術

5日目は歩いて電車に乗って仕事復帰

週が明けて一週間後、普通に歩く、痛みはほぼない状態に回復していただけています


また、痛み止めの薬について

坐骨神経痛にリリカは効かない?」という研究データもあるようです

個人的にリリカにはあまりいいイメージがありません(>_<)

服用されている方の改善は、様々な背景から割と時間がかかる印象なので、、、


さておき

正しい情報を知り正しく対処することが、早期改善への近道です

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.12更新

先日、ニュースを見ていると

X JAPANのYOSHIKIさんが首の手術をするそうで

X JAPANと言えば、私が中学時代にも聞いていました

いまだにiTunesには「紅」という曲だけ入っていたりして

年下で世代ではない家内が、紅を聴いてなぜか今になって

「これ、名曲やな・・・」と、ドンはまりしてるとか・・・(笑)

私自身、趣味でバンドをやっていたこともあるので食いついたこの話題

さておき、首~腰までは脊柱と呼ばれ、首7個、胸12個、腰5個の骨で構成されており

その骨と骨の間、椎間孔から各部への神経が出ています(黄色の線が神経)

脊柱、神経

身体は背骨だけではなく、全ての部分で連動して動きます

ここが機械ではなかなかマネできないところで

このために「局所」だけにフォーカスしてもダメだと考えています

事実、背中が曲がってしまっているご高齢の方でも、手足のしびれや痛みのない方もいますし

ヘルニアは全く痛みのない健常者でも30代で50%程度に見られるという報告もあります

神経を圧迫しているから、挟みこんでいるから、というのは、、、どうでしょうか?


とある整形外科の先生も、以下のようにブログに書かれています

「神経根を圧迫するとその神経に沿って痛みやしびれが生じる」という生理学は存在しません。

詳細は下記リンクからブログを参照

心療整形外科「X-JAPANのYOSHIKI 首の再手術」


この先生の過去ブログにも書かれていますが

筋肉や筋膜に原因があるものもあります


先月にみさせていただいたハンドボールをしている高校生

右手に力が入らない、しびれる

薬指、小指が冷たくなって血が通っていないような感覚

近隣の整形外科でレントゲンを撮っても異常はなく

大きい病院で血管の検査を受けたが、血管の通りが少し悪くなっているんだろう

と言われたけど対処はなく、、、というところで当院へ


各種検査、握力チェックなど左右差をみてみると

あきらかに右の方が張りが強く、いわゆる前腕コンパートメント症候群といわれるもの

筋肉、筋膜にアプローチ、連動性を上げる施術を3回でほぼしびれなどの症状は無くなり

目標にしていた4月末の試合に出場することができたという例もあります


なんにしても、無事に復活されることを心からお祈りする次第です

投稿者: 阪本整骨院

2017.05.09更新

ゴールデンウィークも終わり、暑くなってきました

最近いい季節というのが年々短くなっている気がします

 

さて先日、当院の患者さんの紹介で来院された50代男性

4月頭にテニスをしている時につまづいて足部を捻挫して

整形外科を含め、他院を数件通ったがあまり経過が良くない

歩くと痛みがあり、足がよくつるようになりテニスが出来ない

ということで来院されました

 

問診、検査などをさせていただき

今の状態、問題について説明させていただきました

特にこの方の場合、糖尿病の既往があるということについても

説明させていただきました

持病に糖尿病がある場合、代謝異常や血流不全を起こして

傷ついた細胞へ治すための「栄養」を送ることができにくくなることで

ケガの治りは遅くなります(゜o゜)

このような場合には、患部のケアと同時に糖尿病の管理は必須になるので

そこに関しては患者さんご自身で意識的にしていただく必要もあります

 

さておき

問題のあった足部のリスフラン関節部にアプローチ

リスフラン・ショパール関節

腓骨、腓骨筋、足底部にアプローチ

温熱、微弱電流治療機でのアプローチ

足のアーチ調節をさせていただきました


その後、翌日テニスをしたところ痛みは出なかったというご報告をいただけました

この方だけではなく、足の捻挫で悩まされている人は少なくないです

軽く考えてほったらかしにしていたり

痛みがなくなったから途中で治療をやめてしまうことで

身体の他の部分への影響が出ている事もあります

足の捻挫はしっかり治すことをおすすめします

痛みがある部分をマッサージするだけで治るわけありませんね・・・(^_^;)

投稿者: 阪本整骨院

2017.04.24更新

なんだかんだとしていたらもう4月も終盤

桜をまじまじ見る事もなく散ってしまいました、、、


さて

今日来院された女性の患者さん

1週間ほど我慢していたそうですが

痛みがひかず、どうにも我慢できなくなったそうで

問診を進めるうちにその1週間の経過や、よく寝違えるという事

日頃の生活習慣の問題点もわかってきました

それは「スマホ」です

最近よく聞くやつですね

「ストレートネック」とか「スマートフォン症候群」とか聞いた事があると思います


それはさておき、

首まわりのチェック

VASは8

特に右側の痛みが強い

 

という事で

頚椎~胸椎へ微弱電流で

鎖骨、肩甲骨、脊柱にかけて徒手療法でアプローチ

そうすると

左側屈比較

左に倒せるように

屈曲比較

うなづけるように

伸展比較

上を向けるようになっていただけ、痛みもかなり軽減

いわゆる「寝違え」とよばれるものですが

痛みを感じる首ではなく、他に原因があることが多い、、、

というか、ほとんどがそうです

投稿者: 阪本整骨院

2017.04.06更新

週末の花見は雨で出来なさそうですね、、、

娘とのデートがぁぁぁ、、、(T_T)


さて

古くから当院の患者さんである女性の旦那さんが

久しぶりに来られたと思ったら

なんでも奥さんが膝が痛くて動けなくなり、とある医療機関にかかってきたけども

松葉杖がなかったので貸して欲しいとの事


その日のうちにみせて欲しかったところですが

明日にでもみせてもらえるようにお伝えしたところ

翌日に松葉杖をつきながら歩いて来院

歩き方をチェック

膝が完全に伸ばして固めたままの歩き方で、曲げる動作は一切なし

その膝は医療機関で購入したサポーターで固定


次にベッドで膝の状態をチェック

内側・外側側副靭帯、前十字・後十字靭帯、半月板のテスト

全てでこれといって陽性や不安定性は出ず

痛みがあるのは膝の内側


そこで患者さんによくよく聞いてみると

先の医療機関ではレントゲンを撮ったわけでもなく

患部を見て、少し触れただけで鑑別のテストもせずに

「靭帯が痛んでいる」と言われ

診察が終わって帰る直前には

「ギプス巻きましょうか?」と言われたと、、、( ̄Д ̄;)

それはそれですごい話やなー、、、と思いながらも

患部に微弱電流治療機で通電

膝のアライメント、セッティングだけではなく

脚部全体のバランス調整をしてから

自分で曲げ伸ばししてもらうと、、、

「曲げられる!(゜o゜)」

立って歩いてもらうと

「松葉杖なしでも歩ける!!!(^_^)」

そのまま松葉杖を置いて帰られました♪

 

今回のケースだけではなく

痛めればなんでも固定すればいい、というものではないと考えています

固定をする必要があるものには、固定の仕方に工夫が必要です

固定して全く動かさないということは、血流が悪くなるということ

血流が悪くなるということは、患部への栄養供給が滞るということ

その結果として治癒が遅れたり、痛みが出たりします

管理しながら動かすことで早く治すことができます

(詳しくは過去ブログ「運動が症状改善に必要な理由」)


部活などでスポーツをしている方などは特に

なぜそこに痛みが出るのか?どの様になっているから痛いのか??

きちんと病態の把握をした上で、アプローチしないと根本から改善する事は難しく

少し休んで動かさないでいたら痛みがひいた →

運動を再開してみたらまた同じところが痛くなる・・・

という悪循環になってしまいます

しかしさっきのギプス固定の話、、、

骨折の所見もないのに、、、

ただただ、ビックリするばかりです、、、(゜o゜)

投稿者: 阪本整骨院

2017.04.04更新

先日

当院の患者さんが無事に大学を卒業し

晴れて新社会人になったと

 

思えば小学生の時にサッカーで脚を痛めて来院されてから

中学・高校とずっとサッカーをしてきて

ケガのたびに当院でみさせていただいてきました

 

大学に受かった時には

わざわざ報告に来てくれたこともありました

 

そんな彼も新社会人に!

心からおめでとう!!

これからも新しい環境で頑張って欲しいと思います(*^_^*)

 

ただ、、、

月日の経つのはびっくりするほど早い、、、

そりゃ~おっさんになるわけだ(笑)

投稿者: 阪本整骨院

2017.03.31更新

暖かい日があるかと思えば、今日は寒くて冷たい雨が降っています

暑がりの私にはこれからが一番いい季節ですo(^▽^)o


さて

以前から呼吸の重要性についてはブログでも何度か書いてきました

過去ブログ →  呼吸の身体への影響

身体の不調にも関与する呼吸や姿勢、体幹の安定に

大きな役割を担っているのが横隔膜です

腹式呼吸でその横隔膜がどのように動くかの動画を見つけました

この横隔膜を姿勢保持のために使うことで

腹式呼吸ができず、肩で呼吸をするような人は

その代償的動作の結果として、脚が太くなったり

腰痛や肩こりなど、様々な痛みの不調を訴える方が多いです

先日

脚の付け根、鼠径部、足部が痛いという主訴で

他院に通うも治らないということで来院した

サッカーをしている中学生

身体をチェック

やはり横隔膜をうまく使えていません

やり方を教えてもなかなかうまくいきません

こういう場合は施術に加えて、トレーニングが必要になってきます

筋肉はそれぞれ独立しているようで連結しています

横隔膜も「膜」とはいうものの、れっきとした筋肉(焼肉でいうハラミの部分)で

胸椎を前上方に引っ張ります

横隔膜に連結する大腰筋と腸骨筋が腰椎を前に引っ張る事で

腰椎の前弯、いわゆる生理的な反りができて姿勢を作ります

このように連結する筋肉が連動することで、安定して良い動作が可能になります

アナトミートレイン


良い動作ができないと、代償的動作が出る事で局所に過負荷がかかり

痛みの原因になります

逆の見方をすると

痛い所だけに対処(マッサージや注射など)をしても一時的であって

原因を探してアプローチしないと治らないということ

話をもとにもどして

しっかり横隔膜を使って呼吸することは

体幹の安定性をあげて、代謝を促進し

姿勢の改善に、日常生活やスポーツのパフォーマンスアップに繋がります

日頃から腹式呼吸の意識をしましょう(*^_^*)

施術に加えて横隔膜や体幹の連動性のトレーニングなど

マンツーマンでの時間をかけた総合的な施術は予約施術で行っています

その他ご質問などは公式LINEからもしていただけます

友だち追加

投稿者: 阪本整骨院

前へ

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付