四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2018.10.09更新

だんだんと朝晩は涼しくなってきましたけど

お昼はまだまだ暑いですね

この連休中は地元はだんじり祭りで、そのお手伝いもさせて頂きました

肩の脱臼を入れたりもありましたが、それ以外には大きな怪我もなく無事に終えられて

いい祭りになって良かったです(>_<)

だんじり2018

※ この中のどこかに私がいます!(^^)

 

さて

祭りでご一緒させて頂いた人の中の1人に

バスケをする女子中学生がいました

走ると膝が痛い、ということで某大病院で検査をしたところ

膝の棚障害だと言われた(診断された)とのこと

じゃあ、それでどうしたかと言えば

手術もなく、薬もなくなんの処置もなく終わってしまった

今もバスケをしているけど、プレーすると痛みが出てくるとのこと、、、

 

膝の棚障害とは

膝関節の関節包にあるひだ状の部分(滑膜ヒダ)の内側が棚のようにみえるので、棚と言われます

この棚がスポーツや膝のケガが原因となって、膝の屈伸時に膝のお皿の骨と大腿骨の間に挟まったり

して炎症を起こし、痛みがでるものです

 

実際少し見させて頂きましたが、膝を曲げ伸ばしした時の

典型的な「パキッ」とかいう音もなく、完全に曲げ伸ばしできましたし

内側に引っかかり感や違和感もなく、

ただ痛みが内側やお皿の下の部分にあるということ

棚障害なのかどうか、疑問符がついちゃいました

 

歩行動作を見てみると、痛みのある膝に負荷のかかる歩き方をしていました

おそらくその負荷を軽減すれば運動時痛はなくなるはずと感じました

確かに重大な疾患のスクリーニングにMRIなどの検査は大事ですが

身体にかかる負荷(運動連鎖や身体の使い方)も考慮に入れないと

痛みの本当の原因にはたどり着けないんじゃないのかなー?

と、改めて思った今年の祭りでした

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付