四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2018.09.22更新

高校時代の同級生から

「息子がラグビーをやってるんやけど身体が固くて、、、

あんまりよくないと思うんやけど、どうしたもんか」

と連絡がありました

皆さんはどう思われますか?

 

私の見解は

「競技特性による」と思います

 

例えばマラソン選手

トップランナーは足首が固い傾向があります

アフリカの選手の中には正座ができず

うつ伏せに寝ても足首を伸ばすことができない

それくらいに固い人もいます

 

じゃあなぜ固くなるのか?

いろいろと原因はありますが

一つとして走ると脚への負荷が大きくなります

負荷を無くそうと思えば、ゆっくり着地するような忍び足になります

でも、そんなので早く走れませんよね?

早く走ろうとすると、脚の回転を上げるか

歩幅を大きくするかになります 

そうすると負荷は大きくなる

 

では

負荷が増えてるのに足首が柔らかい、グラグラの状態で走るとどうでしょう?

脚で踏ん張って身体の安定性を保つことは難しくなってきます

また、そのような負荷が強い状態で足首がグラグラであれば

捻挫などの危険性は高くなるはずです

 

車に置き換えてみると

スポーツカーのような早い車の足回りは固いですよね?

カーブを曲がったり、加速するには重力や遠心力などの

負荷に負けない、車の重さを支えるだけの足回りが必要になってきます

だから

一概に「固いからあかん!!!」

というものではないと思います

 

理想の身体は

「力を入れて固めるときは固める

力を入れていないときは緩んでいる」

というものだと思います

そうなるように日頃のセルフケアとして

ストレッチをしてもらいたいと思います

 

※写真はバレエをしている中学生

股割 

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付