四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2018.01.15更新

来院される患者さんは様々な「痛み」を訴えてこられます

例えば

サッカーをして捻挫した

荷物を持ち上げようとしてぎっくり腰になった

ドアに指をはさんだ

朝起きたら首を寝違えていた

転倒して手をついた・膝をぶつけたりして骨折した

事故でむちうちになった

などなど、様々な理由があります

この「痛み」が出る仕組みは、上の様な物理的な「刺激」が引き起こします

 

ほとんどの方はこの上の例のような「刺激」が原因とわかりやすいのですが

特に思い当たる原因がない・・・

けれども痛みやしびれがある・・・

という患者さんもおられます

いくつかその原因となるものはあるのですが

このような患者さんで多いもののひとつとして

「虚血」が原因となっているものです

 

「虚血」とは血が通っていない状態のこと

わかりやすいものとして、心筋梗塞の「痛み」です

心臓の筋肉を動かすための動脈が狭くなる、もしくはつまってしまうことで

血が通わない=酸素が不足した状態

になると激しい痛みが伴うというものです

このように血が通わず、低酸素状態は痛みの原因になります

肩こりで感じる痛みも、筋肉が過緊張して血流が悪くなることによります

スポーツをした後の筋肉の痛みなどもそう

腰痛の原因になっていることもあります

 

じゃあ

こういった虚血からの痛みを改善するにはどうするか?

それは・・・

「血流を良くすること」です

しかし

良くするだけではなく、なぜそこの血流が悪くなるのか?

その原因を探って改善しなければ、根本から治すことはできません

腰痛

Twitter @jt_sakamoto

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付