四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2017.07.26更新

しばらく更新していないうちに

あっっ、、、という間に7月も末に、、、

梅雨も明けました!

日差しがキツくて暑い日々が続きそうです、、、

 

さて、少し前に来院された中学生の男子

バスケをしていて人の足の上に乗って負傷したとのこと

これを聞くと私と同世代の人は、漫画スラムダンクのこのシーンを

思い出す人も多いのではないでしょうか?(笑)

ゴリ捻挫

 そう、海南戦でゴリが牧の足の上に乗るシーンですねー(*^_^*)

この漫画は名台詞も多く、今だに読んでも泣ける漫画のひとつですね


スラムダンクはさておき

その中学生の子は日曜日だったので、救急外来で検査をして

幸い骨に異常はなかったようですが

シャーレ固定をして、松葉杖をついて月曜日に当院へ

言われたのは

「次の日曜に試合に出たいので何とかして欲しい(>_<)」


とにかくまずは足首の状態をチェックをしないと始まらないので

包帯をほどきシャーレをはずしてから

ストレステスト、可動域、腫れの具合、痛めている所を確認

損傷の程度を把握したところで

微弱電流での治療、関節の整復、関節運動などで施術

テーピングと包帯だけで圧迫メインの固定

するとシャーレ固定、松葉杖で来た彼が、杖なしで歩いて帰れるように

試合に間に合わせることを約束、継続して施術することと

日常生活での注意点ややるべきことを指示しました

この日に写真を撮り忘れてしまいましたが

その次の日が上の写真、治療を続けていったあとが下の写真

捻挫比較

3日目はまだ腫れて、皮下出血も残り全体的にむくみがあります

この7日目にあたる日は練習試合

少し腫れは残りますが、ジャンプは痛みがなく出来るほどに回復

 

テーピング固定で練習試合、次の日の試合も問題なく出場

そして試合の次の日、怪我から9日目には

捻挫9日目

ほとんど皮下出血も消え、腫れもほぼ失くなりました

これを初めの様に固定したままだったらどうなっていたか・・・?

おそらく試合には間に合わず、それどころか筋力も低下して

その他にも様々な弊害が出てきて

その後の復帰まで時間がかかる事になっていたと思います


ケガをしたらなんでも安静に!、、、というのは少し違います

正しく対処、ケガの管理をしっかりすることで

早く治すことができます(*^_^*)

参考過去ブログ 安静と固定・早期改善の関係

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付