四代目さかもと、伝承者への道。 ~院長ブログ~

2017.05.31更新

もう5月も終わりです

先日から会議続きで休診をいただき、ご迷惑をお掛けしておりました

 

さて、みなさん一度は聞いた事がある「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)」という単語

けっこう勘違いされている方もおられますが

坐骨神経痛は「症状」であって「病気」ではありません

坐骨神経は人体で最も太い神経です

坐骨神経

(後ろから見た図で、一番太く光っているものが坐骨神経)

この神経がなんらかの刺激を受けて出る症状が「坐骨神経痛」と言われるものです

その症状として痛みやしびれ感、だるさなどで

ひどくなるとお尻~ふとももの裏だけではなく、ふくらはぎ~足先まで出てくることもあります


その原因となるもののひとつとして、梨状筋症候群があります

梨状筋はお尻の部分、骨盤(仙骨)から大腿骨にかけてついている筋肉です

(後ろから見た図、画像の黄色く光る部分)

坐骨神経3

この梨状筋の下を坐骨神経が通ります

梨状筋が過緊張を起こして坐骨神経を刺激することで

痛みがでるものを「梨状筋症候群」といいます

梨状筋が過緊張を起こす原因として

身体の使い方、身体の連動性低下、骨盤の変位などが考えられます


先日も同じような症状で腰、お尻、ふとももに痛みがあり

足に力が入らず、立てない、歩けないという50代女性の方が

傘を杖代わりにして来院されました

とある医療機関ではレントゲン検査ののちに

すべり症という診断をいただいたそうですが

すべり症は腰痛の原因にはなりません

過去の研究データなどで検証されており

また

「腰椎すべり症、分離症(初期の疲労骨折は除きます)、椎間板や軟骨の変性が痛みの原因となることはありません。」

と、はっきり言われている整形外科のドクターもおられます

 

さておき、先ほどの女性の患者さんがどうなったかというと

初診の日から4日間は毎日施術

5日目は歩いて電車に乗って仕事復帰

週が明けて一週間後、普通に歩く、痛みはほぼない状態に回復していただけています


また、痛み止めの薬について

坐骨神経痛にリリカは効かない?」という研究データもあるようです

個人的にリリカにはあまりいいイメージがありません(>_<)

服用されている方の改善は、様々な背景から割と時間がかかる印象なので、、、


さておき

正しい情報を知り正しく対処することが、早期改善への近道です

投稿者: 阪本整骨院

TEL:072-263-9165 24時間ネット予約受付